キャッシングカードローンを比較・解説!

キャッシングカードローンタイプ別比較No.1

2010年6月18日に改正貸金業法は完全施行され、大きな柱として「上限金利の引下げ」「総量規制」が導入されました。グレーゾーン金利は廃止となり、上限金利は年20%、そして総量規制年収の3分の1以上の借入は原則できません。今後、突然借入ができなくなる可能性もある為、自分自身でキャッシング・カードローンの内容を理解し、総量規制を知ることが必要な時代になります。当サイトはキャッシングカードローン比較とともに改正貸金業法についても書いていきます。

トップページ > 銀行カードローン比較 > ソニー銀行の特徴とメリットってなに?

ソニー銀行の特徴とメリットってなに?

ソニー銀行のキャプチャ

ネット専業銀行というと、親会社は金融系企業か流通系企業になっていますが、唯一家電業界の企業を親会社に持つのが「ソニー銀行」です。


ソニー銀行はソニーの子会社である「ソニーフィナンシャルホールディングス」によって運営されています。ソニーフィナンシャルホールディングスの3本柱がソニー銀行、ソニー生命、ソニー損保です。

         

Sony Bank WALLETを使いこなすことが重要!

ソニー銀行ウォレット

ソニー銀行のキャシュカードには通常のキャッシュカードの他に、Visaデビットカードと一体になった「Sony Bank WALLET」があり、それがソニー銀行の特徴にもなっています。


Sony Bank WALLETを使って買い物をすると、利用金額の0.5%(外貨預金優遇制度の適用ステージによって最大2.0%)というクレジットカード並みの還元率でキャッシュバックされます。


キャッシュバック額は上限が月20万円となっており、毎月1日~末日までの金額が翌月25日までに円普通預金口座へ入金されます。


Sony Bank WALLETを利用した買い物代金は即座にソニー銀行の口座から引き落とされるので、銀行預金を財布に入れているようなものです。


なお、ソニー銀行の外貨預金口座に預金していると、海外の店舗でSony Bank WALLETを利用した時も日本で利用した時と同じように、即座に外貨預金口座から代金が引き落とされます。


つまり、高い為替手数料を支払う必要が無いということです。仮に、外貨預金口座のない場合は、ソニー銀行の為替コストの額を加算して円預金口座から引き落とされます。


そして、Sony Bank WALLETは海外ATMから現地通貨で現金を引き出すこともできるのです。


Sony Bank WALLETには保険付帯がある?

Sony Bank WALLETにはショッピング保険が付帯されています。


Sony Bank WALLETで購入した商品の突発的な破損・盗難などがあった場合、年間50万円を限度に購入日から60日間、損害が補償されます。


ただし、1事故に付き5,000円が自己負担で、さらに紛失・盗難における補償もあり、Sony Bank WALLET で不正利用された場合、届出日の30日前に遡って、1日当りの利用限度額の範囲で損害が補償されます。


ちなみに、Sony Bank WALLETは利用ごとにメールで通知されるため、不正利用にすぐに気付くことができるメリットがあります。


【買い物特典】
Sony Bank WALLETを使ってソニーストア(ネット通販・実店舗)で買い物をすると3%OFFになります。


Sony Bank WALLETは振込手数料がお得?

<<振込手数料>>
ソニー銀行宛→常に無料
他銀行当て→216円(毎月最初の1回は無料)


Sony Bank WALLETを所有していると、他銀行宛の振込手数料が毎月2回無料になるメリットがあります。


ちなみに、三井住友銀行のATMから振込手数料108円で振り込むこともできます(月4回まで無料)。ただ、インターネットの方が便利なので、使う必要はないでしょう。


ソニー銀行の提携ATM手数料は?

ATMは以下の7業者のATMが利用でき、ネット専業銀行としては提携先が多くなっているのが特徴です。


<<提携銀行ATM>>
セブンイレブン・ローソン・Enetコンビニ(ファミリーマート、サンクス他)・三菱UFJ銀行・三井住友銀行・ゆうちょ銀行・イオン銀行

<<提携ATM手数料>>
◆入金→常に無料
◆出金→月4回まで無料、5回目以降は108円
◆セブンイレブン・イオン銀行→全て無料


入金が無料のネット専業銀行は他にいくつもありますが、出金の手数料が無条件で4回も無料になっているのはソニー銀行だけの大きなメリットです。


しかも、セブンイレブンとイオン銀行は入出金とも無料になっていますので、非常にお得になっています。


ソニー銀行のおまかせ入金サービスは便利?

毎月の指定日に指定金額を本人名義の他の金融機関から、ソニー銀行の円普通預金口座へ自動的に手数料無料で入金できる「おまかせ入金サービス」を利用できます(上限5件)。


預金の積立や決済用資金を手配する時に非常に便利です。利用金額は10,000円以上1,000円単位で、引落日は毎月5日または27日です。他行金融機関からの振込にも関わらず、手数料無料なのはソニー銀行の特徴とも言えます。


ソニー銀行のセキュリティは大丈夫なのか?

振込など、インターネットでの取引の際には、「ワンタイムパスワード方式」と「合い言葉方式」の2つの認証方式のどちらかを利用できます。


【ワンタイムパスワード方式】
トークン(パスワード生成器)を利用した、一度きりの使い捨てパスワードによる認証です。


【合い言葉方式】
自分で設定した質問と答えの組み合わせによる認証です。合い言葉を3パターン登録し、ログイン時にその内の1つに答えてログインするシステムです。


セキュリティ的には、ワンタイムパスワード方式の方がセキュリティ性は高くなります。ソニー銀行ではトークンを1口座2個まで利用可能であり、自宅や職場など、自分の都合に合わせて備えることができます。


トークンの使用はほとんどの銀行で1口座1つになっており、2つ利用できるというのは滅多にありません。ただ、2個目からは発行手数料(1,080円)が掛かります。


Sony Bank WALLET アプリってどうなの?

ソニー銀行に口座を保有していると、無料でスマホ用の「Sony Bank WALLET アプリ」が利用できます。


残高や取引履歴などの確認がワンタッチでできますが、デメリットとして、あくまでも「見る」だけなので、振込などの操作はできません。

ソニー銀行のまとめ

ソニー銀行はSony Bank WALLETの利便性の高さ、提携ATM手数料と振込手数料の無料回数の多さが魅力となっています。


特に、セブン銀行とイオン銀行のATM利用手数料無料というのは大きなメリットです。なお、取扱商品ではカードローンが比較的新しい商品になっていますが、主力は住宅ローンとなっており、人気が高いです。

関連記事

キャッシング人気ランキング 1位 みずほ銀行カードローン

みずほ銀行は※金利年2.0%~14.0%!限度額は最高800万円で借り換えもOK!
※みずほ銀行で住宅ローン利用中の人は上記金利より年0.5%金利引下げ!引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

2位 アコム

カードローン審査スピードNo.1!早く借りたいならアコムがおすすめ!

3位 オリックス銀行カードローン

提携ATM台数99,000台以上!(2018年2月末現在)すべて終日手数料が無料!

4位 SMBCモビット

Web完結の元祖はモビット!電話連絡・郵送無しで借りれる!

5位 プロミス

プロミスなら最短1時間融資が可能!WEB完結で自宅への郵送一切なし!
※WEB完結の対象金融機関は200行以上あります。


テーマ : 銀行(全国の銀行カード一覧)
ジャンル : ファイナンス

コメントの投稿

非公開コメント

キャッシングおすすめランキング
プロミス

キャッシングおすすめ1位はプロミス!最短30分審査と平日14時までにWEB契約完了すれば即日融資可能!最短で1時間融資もOK!メールアドレスとWEB利用明細の登録で30日間無利息サービスもあり、キャッシングする人の多くに選ばれている人気カードローンです。


SMBCモビット

モビットの特徴はWEB完結によって、電話連絡なし・郵送物なしで借入できることです。キャッシングすると誰かに知られる不安がありますが、モビットなら鉄壁のプライバシー保護にって、誰にも知られずに借りることが可能です!初めての人にはおすすめしたい1枚です。


アコム

今すぐにでも借りたいならアコム!審査スピードは業界最速の最短30分!自動契約機も多数あるので銀行時間外でも最短即日融資が可能!

よく読まれている記事
キャッシング最新記事
キャッシングカテゴリ
キャッシングリンク
月別アーカイブ
運営者情報
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告