キャッシングカードローンを比較・解説!

キャッシングカードローンタイプ別比較No.1

2010年6月18日に改正貸金業法は完全施行され、大きな柱として「上限金利の引下げ」「総量規制」が導入されました。グレーゾーン金利は廃止となり、上限金利は年20%、そして総量規制年収の3分の1以上の借入は原則できません。今後、突然借入ができなくなる可能性もある為、自分自身でキャッシング・カードローンの内容を理解し、総量規制を知ることが必要な時代になります。当サイトはキャッシングカードローン比較とともに改正貸金業法についても書いていきます。

トップページ > 金利比較 > 消費者金融の金利上限っていくらなの?

消費者金融の金利上限っていくらなの?

消費者金融金利上限の画像

キャッシングで消費者金融の金利を見たとき、4.5%~18.0%などの金利で表示されていますが、そもそも、消費者金融の金利の上限っていくらなの?という質問をたまにされます。


金利の上限とは、法律上取っても良い最高の金利という意味ですが、これは貸金業法で下記の通りしっかりと定められています。

【消費者金融の金利上限範囲】
・貸付金が10万円未満の場合は、年20%まで
・貸付金が10万円以上~100万円未満の場合は、年18%まで
・貸付金が100万円以上の場合は年15%まで
上記のように決まっています。

その為、消費者金融で上限いっぱいに金利をしても年20%までとなっていますが、金額が10万円以上となれば、年18%まで、100万円以上は15%までと、金額によって、上限金利は変わってくるのです。


この金利はあくまで貸付を業として行う場合となり、個人間の貸し借りであれば、出資法金利は109.5%が上限となっています。しかし、これはそれ以上取ると刑事罰になるというラインであって、個人間でも利息制限法を盾に争えば、貸金業法と同じ10万円~100万円以下は18%となり、それ以上の利息は無効で、返還になる場合があるでしょう。


また、金利(利息)に対して定めがなく、支払期日を過ぎている場合は法定金利の年5%が付くことになっています。


このように、金利(利息)は、多くの定めがあり、一般の人は分かりにくいと思います。今回は消費者金融から借りる場合としての、金利の上限について書いていきます。

         

では消費者金融から5万円借りたら年20%の金利なの?

さきほど、現在の貸金業法は利息制限法と同じく、10万円未満は年20%が上限金利と説明しました。では、消費者金融から5万円を借りた場合、金利は20%なのか?と言えば、ほとんどは違います。


法律上では20%が上限となっていますが、消費者金融会社はそれぞれに金利を設定しており、例えば、アコムでは実質年率3.0%~18.0%となっています。その為、仮にアコムで5万円を借りたとしても、最大の金利は18.0%になりますので、20%の金利を取られることはないのです。


中小の消費者金融の金利設定は、9.5%~20.0%となっていることがあります。この場合は10万円未満を借りたならば、20%の金利が適用されることになるでしょう。あくまで、貸金業の法律範囲内で会社ごとに決められた金利が設定されることになります。


【消費者金融大手の実質年率】

キャッシング先金 利限度額
プロミス4.5%~17.8%1~500万円
アコム3.0%~18.0%最大800万円
レイクALSA4.5%~18.0%1~500万円
SMBCモビット3.0%~18.0%最大800万円
ノーローン4.9%~18.0%最大300万円
アイフル3.0%~18.0%最大800万円


支払が遅れた場合は20%の金利が取られる?

消費者金融の通常の金利は各社が出している、4.5%~18.0%などが一般的ですが、支払を遅れた場合は4.5%~18.0%の金利表示であっても、遅れた日数分のみ、年20%の金利になるので、注意が必要です。


支払遅れの金利のことを、遅延損害金と言いますが、遅延損害金は、もともと通常の金利の2倍まで取って良いことになっています。その為、金利18%で借りていた場合、遅延損害金は36%となっていまうのですが、今の貸金業法の上限金利は20%となっているので、2倍までOKとなっていても、実際に取れる金利は20%が限界となります。


貸金業法は何度も改正されていますが、昔の金利が高かった時、(出資法上限40.004%の時)通常の金利が36%程度で、遅れた場合の金利は40.004%だった消費者金融はたくさんありました。今考えると、非常に高い利息になるのですが、当時はそれが普通で、利息制限法との差額、いわゆるグレーゾーン金利で多くの消費者金融は営業をしていたのです。


話が少しずれましたが、消費者金融で表示上限金利が18.0%となっていても、延滞した場合は、延滞の日数分だけ20%の遅延損害金が付くことが多いので、支払は遅れないようにすることが大切です。


支払が遅れた場合はなんども言いますが、延滞した日数分だけが20%計算にされます。仮に30日借りて、5日延滞した場合だと、30日分の金利は18%計算となり、5日分が20%計算になるのです。支払が遅れたからと言って、全部の計算が20%になるわけではありませんので、安心してください。


消費者金融・銀行カードローンの金利一覧を見る⇒



消費者金融で上限金利が1番低いのはプロミス?

消費者金融の中で1番上限金利が低いのはプロミスなのか?とよく聞かれますが、消費者金融がどこまでなのか?の線引きによって変わってきます。


貸金業者をすべて消費者金融とするならば、クレジット会社のキャッシングカードローンも消費者金融に含まれますので、三井住友カードゴールドローンの上限金利9.8%が最も低い金利となるでしょう。その他にもクレディセゾンのマネーカードも一般カードで上限金利15.0%がありますので、プロミスよりも断然低金利となっています。


しかし、クレジット会社を含まず、あくまで消費者金融だけに絞ると、プロミスは他の消費者金融が18.0%の中、17.8%となっているので、若干ですが上限金利は低いと言えます。


しかし、0.2%の金利はほとんと変わらないと言っても良いでしょう。それよりも注目したいのは、プロミスのWEB完結や瞬フリなどのサービスです。WEB完結はカードレス対応になったことで、返済を口座振替にしてカードを発行しなければ自宅への書類は一切なしで借りることができます。(WEB完結の対象金融機関は200行以上あります)


瞬フリに関しては、三井住友銀行かジャパンネット銀行の銀行口座を持っていれば、銀行の締め切り時間に関係なく、しかも土日祝日でも24時間振込キャッシングが可能となっています。


新規申込で平日14時を過ぎたために、自動契約機に行かなければ借りられないと思っている人は、プロミスの瞬フリなら借りられます!(三井住友銀行かジャパンネット銀行口座が必要です。それ以外の口座の場合は平日14時までにWEB契約を完了しなければ即日融資は受けられません。)


プロミス
金 利限度額
4.5%~17.8%1~500万円
審査時間P R
3秒診断有※30日間無利息

※30日間無利息サービスはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※即日(当日)融資は平日14時迄にweb契約完了で振込可能です。

【プロミスのおすすめポイント!】

メールアドレス登録とWEB利用明細登録で30日間無利息!

消費者金融大手の安心感!銀行系消費者金融で安全に借りれる!

審査は最短30分!最短1時間融資も可能!

プロミスのWEB完結なら自宅への郵送は一切なしで借入できる!

三井住友銀行・ジャパンネット銀行口座があれば24時間いつでもキャッシング可能!

※プロミスWEB完結の対象金融機関は200行以上あります。



プロミス公式サイトはこちら


レイクALSAなら提携ATM手数料が無料!

レイクALSA
実質年率限度額
4.5%~18.0%1~500万円
審査時間P R
最短即日審査2つの無利息有

【レイクALSAのおすすめポイント!】

借入額全額30日間無利息または、借入額5万円まで180日間無利息が選べる!

消費者金融でもコンビニ等の提携ATM手数料が無料!

Web完結はカードレス対応なので自宅への郵送物無しで借りれる!

申込完了画面に審査結果が出るので、結果連絡を待つ必要無し!


レイクALSAはプロミスやアコムとは違い、借入額の全額30日間無利息または、借入額5万円まで180日間無利息のどちらかを選ぶことができます。そして消費者金融では提携ATM手数料有料が普通なのですが、レイクALSAはコンビニ等の提携ATM手数料が無料になっています。セブン銀行・ローソン・Enetの提携ATMが無料なのでいつでもどこでも返済・借入ができます!


また、Web完結ではカードレス対応になっていますので、カード不要で手続きをすれば、自宅への郵送物は一切ありません。後日にカード発行も可能なので、郵便物が気になる人は、一旦カード不要で手続きすることをおすすめします。




レイク公式サイトはこちら


今すぐにでも借りたい人はアコムがおすすめ!

三菱UFJフィナンシャルグループ アコム
金 利限度額
3.0%~18.0%最高800万円
融資日数P R
最短即日利用可最短30分審査

申し込みしてからできるだけ早く借りたい!と思っている人は、アコムがおすすめです。即日融資で選ぶならば、消費者金融と決まっているのですが、その中でもアコムは最速の審査スピード&即日融資になっています。


アコムの特徴として、三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行の口座があれば新規申込みに限り18時まで即日融資延長サービスがあることです。


通常消費者金融の場合、即日融資で借りたい場合は平日の14時までに契約完了または、振込手続きが完了していなければ当日に振込で借入することはできません。それは銀行の振込締め切り時間があるために、夕方に申込した場合は最短でも翌営業日が振込の日になってしまいます。


しかし、アコムの場合だと、上記の銀行口座を持っていれば18時まで当日振込による借入が可能になります。そのため、夕方15時や16時に申込しても当日に振込融資を受けることができるのです。


もし18時以降だったとしても、ネットから申込して審査を通過したのなら、8:00~22:00年中無休(年末年始は除く)までに自動契約機に行くことによって、約30分程度でカード発行できますので、併設のATMからすぐに現金を手にすることが可能です。


新規契約の方には、金利0円サービスとして30日間無利息も行っていますので、即日融資だけではなく、あらゆる面で満足できるキャシングカードローンと言えるでしょう。

【アコムのおすすめポイント!】

初めてのお申込みの方は30日間金利0円サービス!

消費者金融でも最速と言われている審査スピード!最短30分審査!

パートアルバイトでも安定的な収入があれば借入OK!

アコムの自動契約機なら8:00~22:00年中無休(年末年始は除く)まで受け付け可能!





アコム公式サイトはこちら



自宅への郵送なしで借りるならSMBCモビット!誰にも知られず借りれる!

キャッシングで利用者が1番求めていることは、借入の事実を誰にも知られずに申込み・借入・返済を行いたいということです。貸金業法では借入の事実を第三者に伝えてはならないと定めていますので、業者から故意に本人以外の第三者へ教えることはありません。


郵便なしイラスト図

しかしながら、来店せずに契約する場合、自宅への郵送物によって借入したことを知られてしまうことがあります。具体的には契約書やカードが自宅に郵送された場合、同居の家族が郵便物を見れば、キャッシングしたことが一発でばれてしまうのです。


これを回避するには、自宅へ郵送物を送らないキャッシング会社から借りるか、店頭窓口や自動契約機へ来店して借りるしかありません。


多くのキャッシング先はWEB契約に対応していますので、契約書の控えが自宅に送られることはありませんが、カードは居住確認も兼ねて自宅へ郵送しているケースが多く、カードが自宅に届くのを嫌がってやむを得ず来店している人が多いのです。


そんな人にはモビットのWEB完結がおすすめです。モビットのWEB完結ならば、カード発行なしを選択できますので、カードを発行しなければ自宅への郵便物はなにもありません!


金利3.0%~18.0%、限度額800万円で消費者金融でのスペックはNo.1となっています。高いスペックと内緒で借りれる安心感は、きっと誰もが満足できるカードローンと言えるでしょう。


SMBCモビット
金 利限度額
3.0%~18.0%最高800万円
融資日数P R
※最短即日郵送無で借入

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

【SMBCモビットのおすすめポイント!】

金利3.0%~18.0%!銀行カードローン並の最低金利!

最高限度額800万円は消費者金融トップ!

モビットのWEB完結なら郵送物無しで借入できる!

安心して借りれて知名度も抜群!




モビット公式サイトはこちら


プロミスと同金利ならオリックス銀行の方がおすすめ!

オリックス銀行カードローン
オリックス銀行カードローン金 利限度額
1.7%~17.8%最高800万円
融資日数P R
HP参照提携ATM手数料無料

【オリックス銀行カードローンのおすすめポイント】

100万円未満は12.0%~17.8%、100万円以上150万円以下は6.0%~14.8%の最低金利設定は魅力有!

提携ATM手数料が終日無料!提携ATM台数は最大級!

借入残高30万円以下は月々最低7,000円で負担が少ない!


オリックス銀行カードローンは、上限金利17.8%のプロミスと同じで金利は正直高いです。しかしながら、カードローン最大級の提携ATMが手数料終日無料になっているため、利便性はNo.1とも言えるカードローンになっています。


多くの銀行カードローンは都市銀行とコンビニATMが手数料無料となっていますが、オリックス銀行はゆうちょ銀行も無料になっているため、都心以外の方でも借入・返済に困ることはありません。ATM手数料は金利に換算すれば非常に高くなることから、終日無料なのは、金利以上にメリットがあることです。


また、オリックス銀行は毎月の返済額も低く設定してあるので、安心して利用できるも嬉しい点です。

借入残高月の返済額
30万円以下7,000円
30万円超50万円以下10,000円
50万円超100万円以下20,000円
100万円超150万円以下30,000円
150万円超200万円以下35,000円

上記はオリックス銀行の200万円以下の返済金額表です。50万円以下までは最低が10,000円となっていますが、これはかなり低い設定です。プロミスでは30万円で最低11,000円、50万円で最低13,000円になっていますので、オリックス銀行がどれだけ低いのか分かると思います。


最低返済額は低ければそれだけ元金が減らないのですが、それ以上に入金するのは自由ですので、個人的には最低返済額は低ければ低いだけ良いと思います。


銀行カードローンのデメリット部分の口座開設もオリックス銀行はありません。提携ATM手数料無料、低めの最低返済額設定は安心して利用できる銀行カードローンと言えます。




オリックス銀行カードローン公式サイトはこちら
関連記事

キャッシング人気ランキング 1位 みずほ銀行カードローン

みずほ銀行は※金利年2.0%~14.0%!限度額は最高800万円で借り換えもOK!
※みずほ銀行で住宅ローン利用中の人は上記金利より年0.5%金利引下げ!引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

2位 アコム

カードローン審査スピードNo.1!早く借りたいならアコムがおすすめ!

3位 オリックス銀行カードローン

提携ATM台数99,000台以上!(2018年2月末現在)すべて終日手数料が無料!

4位 SMBCモビット

Web完結の元祖はモビット!電話連絡・郵送無しで借りれる!

5位 プロミス

プロミスなら最短1時間融資が可能!WEB完結で自宅への郵送一切なし!
※WEB完結の対象金融機関は200行以上あります。


テーマ : 消費者金融
ジャンル : ファイナンス

コメントの投稿

非公開コメント

キャッシングおすすめランキング
プロミス

キャッシングおすすめ1位はプロミス!最短30分審査と平日14時までにWEB契約完了すれば即日融資可能!最短で1時間融資もOK!メールアドレスとWEB利用明細の登録で30日間無利息サービスもあり、キャッシングする人の多くに選ばれている人気カードローンです。


SMBCモビット

モビットの特徴はWEB完結によって、電話連絡なし・郵送物なしで借入できることです。キャッシングすると誰かに知られる不安がありますが、モビットなら鉄壁のプライバシー保護にって、誰にも知られずに借りることが可能です!初めての人にはおすすめしたい1枚です。


アコム

今すぐにでも借りたいならアコム!審査スピードは業界最速の最短30分!自動契約機も多数あるので銀行時間外でも最短即日融資が可能!

よく読まれている記事
キャッシング最新記事
キャッシングカテゴリ
キャッシングリンク
月別アーカイブ
運営者情報
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告