キャッシングカードローンを比較・解説!

キャッシングカードローンタイプ別比較No.1

2010年6月18日に改正貸金業法は完全施行され、大きな柱として「上限金利の引下げ」「総量規制」が導入されました。グレーゾーン金利は廃止となり、上限金利は年20%、そして総量規制年収の3分の1以上の借入は原則できません。今後、突然借入ができなくなる可能性もある為、自分自身でキャッシング・カードローンの内容を理解し、総量規制を知ることが必要な時代になります。当サイトはキャッシングカードローン比較とともに改正貸金業法についても書いていきます。

トップページ > 審査基準・審査関連 > キャッシングは年収ですべてが決まるのか?

キャッシングは年収ですべてが決まるのか?


キャッシングする場合、年収によって借入の可否が決まると思っている人がちらほらいます。初めて借りる時はなにを基準に審査しているのか分からないので年収によってある程度決まってしまうと考えることは普通の事なのかもしれませんが、厳密に言えば、半分当たって、半分外れています。


当たっていると言った部分は、平成22年より総量規制が実施されていますので、借入は年収の3分の1と貸金業法で決められてしまいました。その為、年収が少ない人は借りれる金額も自動的に少なくなってしまうのです。借金が0円の人でも年収が200万円であれば、1/3の60万円しか借りられないのです。その部分は年収で決まると言っても良いでしょう。


しかし、キャッシングの審査はすべてが年収で決まる訳でもなく、それ以外の項目によって決裁が出ます。審査項目の中だけで見た場合、年収はただ一つの項目だけであって、審査の重要度からすればそこまで高くは無いのです。


今回はキャッシングにおける年収と審査の関係について書いていきます。

         

年収別に見る借入限度額一覧

年収総量規制借入限度
100万円33万円
150万円50万円
200万円66万円
250万円83万円
300万円100万円
350万円116万円
400万円133万円
450万円150万円
500万円166万円
550万円183万円
600万円200万円

上記の表は年収額によって借りられる最高借入額です。これは年収を1/3にしたもので、千円単位は切り捨てにしてあります。日本人の平均年収とされる400万円では総量規制によって133万円までしか借りられません。しかも、総量規制は他社の借入金額も含まれますので、仮に他社から100万円すでに借入残高があれば、残りは最大でも33万円となってしまうのです。


総量規制以上に借りることは可能なのか?

年収別にみる借入限度額一覧を見れば、個人の人が消費者金融やキャッシングより大きな金額を借りることは不可能に思えます。しかし、実際には総量規制例外貸付によって、それ以上借りられる場合が存在するのです。


【おまとめローンによって借りる方法】
消費者金融やクレジット会社のキャッシングは年収の3分の1までと決まっていますが、おまとめローンや借り換えローンなどの金利が低くなる借り換えに関しては総量規制例外貸付として、1/3を超えたとしても貸付が認められています。


借入額が多くなり、おまとめローンに向かう人は、おまとめローンで金利を低くして返済を軽減するのが第一前提ですが、総量規制によって借りられず、おまとめするしか方法が無くなっている人も中にはいるのです。


おまとめローンや借り換えローンは貸金業法の総量規制例外貸付に含まれますので、消費者金融会社だとしても、条件を満たせば融資することは可能となっています。しかし、借入後は当然返済のみので限度額内で追加借入はできませんので、注意が必要です。


銀行カードローンから先に借りた方が借りれる確率が上がるってホント?

なるべく多くの金額を借りようとした場合、絶対的に銀行カードローンから借入した方が良いと言えます。その理由は先ほど書いたように、銀行と消費者金融では業態が違うからです。そのため、銀行から借入をしたとしても消費者金融の審査では除外されるケースもあります(住宅ローンと同じように)。


もし銀行借入が信用情報で分からなかったら、消費者金融会社は限度額いっぱいまで融資をする可能性は高いでしょう。それは総量規制によって貸金業者は牌の奪い合い状態になっている為、問題ない人であれば、できる限り貸付金額を自社で埋めたいと思っているからです。


これがもし借りる順番が逆だった場合はどうでしょうか?消費者金融から総量規制いっぱいまで借入した後に、銀行カードローンへ申込みしても、負債が多い理由で審査には多分通りません。結果的には銀行と消費者金融どちらも借りることになったとしても、借入する順番によって借りれる金額が違ってくるのは事実の話しです。


キャッシングの年収と借入限度額に関しては密接な関係があります。これから借入を検討している人はぜひ参考にしてみてください。


プロミスなら50万円以下は収入証明書不要で借りれる!

プロミスゆうちょ銀行画像

消費者金融は貸金業者になりますので、総量規制の対象です。そのため、自分の収入を示す書類の提出が必要となってくるのですが、消費者金融でも収入証明書が必要なところと、不要なところに分かれます。


不要と言っても、貸金業法で50万円を超える借入または、他の借入と合わせ100万円を超える借入の場合は必ず収入証明書が必要になりますが、プロミスの場合はそれに該当しなければ基本的に収入証明書不要で借りることができます。借入額が50万円以下で、他社の借入金額と合わせて100万円以下の場合は、プロミスなら収入証明書は必要ありません。

プロミス
金 利限度額
4.5%~17.8%1~500万円
審査時間P R
最短30分最短1時間融資

※30日間無利息サービスはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※即日(当日)融資は平日14時迄にweb契約完了で振込可能です。

プロミスは14時以降の申込みでも自動契約機を利用すれば即日融資が可能です!プロミスと三井住友銀行の自動契約機が利用でき、合計台数は消費者金融でもNo.1となっています。


また、ジャパンネット銀行または三井住友銀行の普通預金口座を持っていれば、14時以降でも夜でも、土日でも「瞬フリ」によって振込融資が可能となっています。今日中に借りたいなど、早く借りたい人にはプロミスがおすすめです。

【プロミスのおすすめポイント!】

メールアドレス登録とWEB利用明細登録で30日間無利息!

消費者金融大手の安心感!銀行系消費者金融で安全に借りれる!

審査は最短30分!最短1時間融資も可能!

プロミスのWEB完結なら自宅への郵送は一切なしで借入できる!

三井住友銀行・ジャパンネット銀行口座があれば24時間いつでもキャッシング可能!

※プロミスWEB完結の対象金融機関は200行以上あります。



プロミス公式サイトはこちら


融資まで早く借りたい人はアコムが絶対おすすめ!

三菱UFJフィナンシャルグループ アコム
金 利限度額
3.0%~18.0%最高800万円
融資日数P R
最短即日利用可最短30分審査

申し込みしてからできるだけ早く借りたい!と思っている人は、アコムがおすすめです。即日融資で選ぶならば、消費者金融と決まっているのですが、その中でもアコムは最速の審査スピード&即日融資と前から口コミ評判で言われています。


アコムの特徴として、三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行の口座があれば新規申込みに限り18時まで即日融資延長サービスがあることです。通常消費者金融の場合、即日融資で借りたい場合は平日の14時までに契約完了していなければ、当日に振込で借入することはできません。それは銀行の振込締め切り時間があるために、夕方に申込した場合は最短で翌営業日が振込の日になってしまいます。


しかし、アコムの場合だと、上記の銀行口座を持っていれば18時まで当日振込による借入が可能になるのです!なので15時や16時に申込しても、当日に振込融資を受けることができます。


そして金利0円サービスとして、30日間無利息も行っていますので、即日融資だけではなく、あらゆる面で満足できるキャシングカードローンと言えるでしょう。

【アコムのおすすめポイント!】

初めてのお申込みの方は30日間金利0円サービス!

消費者金融でも最速と言われている審査スピード!最短30分審査!

パートアルバイトでも安定的な収入があれば借入OK!

アコムの自動契約機なら8:00~22:00まで受け付け可能!年中無休(年末年始は除く)




アコム公式サイトはこちら



銀行カードローンで低金利!上限金利年14%

みずほ銀行カードローン

金利が低い(安い)キャッシング・カードローンを選ぶなら、第一候補はみずほ銀行カードローンがおすすめです。

みずほ銀行カードローンは金利年2.0%~14.0%で、上限金利は年14.0%と、かなり低くなっているので、100万円以下の借入であれば、消費者金融の18.0%より年4%も低金利となっています!


【みずほ銀行カードローンの金利】

利用限度額10万円以上100万円未満100万円以上200万円未満200万円以上300万円未満300万円以上400万円未満
基準金利年14.0%年12.0%年9.0%年7.0%

利用限度額400万円以上500万円未満500万円以上600万円未満600万円以上800万円未満800万円
基準金利年6.0%年5.0%年4.5%年2.0%


消費者金融のアコムやモビットであれば、10万円以上100万円未満は金利18.0%、100万円以上は15.0%以下での融資となります。仮に100万円借りた場合、みずほ銀行なら金利年12.0%で、モビットは15.0%となり、その差は年3%です。


最初から大きな限度額を必要としない人でも、今後限度額を広げる(増額)のことも考えた場合、限度額によって予め金利が決められている銀行カードローンの方が後々必ず有利となってきます。


みずほ銀行をおすすめする点として、低金利はもちろんですが、審査時間が銀行でも早い方になっています!また、この低金利を活かした、借り換えローンも資金使途としてOKとなっているので、最初のカードローン借入に留まらず、低金利への借り換えでも金利の低さが威力を発揮します。


みずほ銀行はWEB完結申込みに対応しており、来店・郵送も不要となっています。みずほ銀行のキャッシュカードから提携のコンビニATMより借入・任意返済も可能となっていますので、キャッシングカードと違って、見られても問題がありません。


銀行カードローンの中でも、低金利・利便性・早さを兼ね備えたおすすめカードローンとなっています。

みずほ銀行カードローン
金 利限度額
年2.0%~14.0%最大800万円
審査時間融資日数
HP参照HP参照

※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。

【みずほ銀行カードローンのおすすめポイント!】

金利年2.0%~14.0%の低金利!上限年14.0%は銀行でもトップクラス!

最大800万円の限度額で借り換えも自由!

銀行でも審査が早く急ぎの方も安心!

WEB完結申込みで来店・郵送も不要!



みずほ銀行カードローン公式サイトはこちら



三井住友銀行カードローン

銀行カードローンで選ぶなら、メガバンクがスペック的には高くておすすめです。みずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行がメガバンクとなっていますが、全てにおいて高水準となっているのは、間違いなく三井住友銀行カードローンです。


三井住友銀行のスペックはバンクイックと似ていますが、バンクイックには無いメリットとして、限度額が最高800万円までとなっており、高限度額で資金使途自由な点が挙げられます。(※事業性資金の利用は禁止)


銀行カードローンにはそれぞれのメリット・デメリットがありますが、三井住友銀行は、専業主婦への融資がNGになっていること以外は、ほとんどデメリットが無いカードローンと言えるでしょう。

三井住友銀行カードローン
三井住友銀行カードローンバナー金 利限度額
4.0%~14.5%最高800万円
融資日数審査時間
HP参照HP参照

【三井住友銀行カードローンのおすすめポイント】

おすすめ1金利4.0%~14.5%で銀行でも低水準!
三井住友銀行カードローンは、年4.0%~14.5%(変動金利)で、上限金利はバンクイックよりも低くなっています!14.5%の上限金利ということは、仮に50万円で借りた場合、消費者金融ならば18%近くの金利になりますが、三井住友銀行なら3.5%も低い金利となり、毎月の利息発生は消費者金融よりも確実に低くなります!

おすすめ2口座開設も必要ありません!
三井住友銀行カードローンでは銀行カードローンのデメリットと言える、普通預金口座開設は必要ありません!
イオン銀行やりそな銀行、みずほ銀行は借り入れ条件に普通預金口座を持っていることが条件なので、口座が無い人は口座開設の手続きも同時に行う必要があります。
しかし、三井住友銀行は口座の開設は不要で、ローンカードが発行されますので、カードを使って借入することが可能なのです。口座開設不要は今の銀行カードローンの中では大きなメリットと言えるでしょう。




三井住友銀行カードローン公式サイトはこちら



レイクALSAは2つの無利息から選べる!提携ATM手数料も無料!

レイクALSA
実質年率限度額
4.5%~18.0%1~500万円
審査時間P R
最短即日審査2つの無利息有

【レイクALSAのおすすめポイント!】

借入額全額30日間無利息または、借入額5万円まで180日間無利息が選べる!

消費者金融でもコンビニ等の提携ATM手数料が無料!

Web完結はカードレス対応なので自宅への郵送物無しで借りれる!

申込完了画面に審査結果が出るので、結果連絡を待つ必要無し!


レイクALSAはプロミスやアコムとは違い、借入額の全額30日間無利息または、借入額5万円まで180日間無利息のどちらかを選ぶことができます。そして消費者金融では提携ATM手数料有料が普通なのですが、レイクALSAはコンビニ等の提携ATM手数料が無料になっています。セブン銀行・ローソン・Enetの提携ATMが無料なのでいつでもどこでも返済・借入ができます!


また、Web完結ではカードレス対応になっていますので、カード不要で手続きをすれば、自宅への郵送物は一切ありません。後日にカード発行も可能なので、郵便物が気になる人は、一旦カード不要で手続きすることをおすすめします。




レイク公式サイトはこちら


管理人のおすすめはオリックス銀行カードローン!

オリックス銀行カードローン
オリックス銀行カードローン金 利限度額
1.7%~17.8%最高800万円
融資日数P R
HP参照提携ATM手数料無料

【オリックス銀行カードローンのおすすめポイント】

100万円未満は12.0%~17.8%、100万円以上150万円以下は6.0%~14.8%の最低金利設定は魅力有!

提携ATM手数料が終日無料!提携ATM台数は最大級!

借入残高30万円以下は月々最低7,000円で負担が少ない!


オリックス銀行カードローンは、上限金利17.8%のプロミスと同じで金利は正直高いです。しかしながら、カードローン最大級の提携ATMが手数料終日無料になっているため、利便性はNo.1とも言えるカードローンになっています。


多くの銀行カードローンは都市銀行とコンビニATMが手数料無料となっていますが、オリックス銀行はゆうちょ銀行も無料になっているため、都心以外の方でも借入・返済に困ることはありません。ATM手数料は金利に換算すれば非常に高くなることから、終日無料なのは、金利以上にメリットがあることです。


また、オリックス銀行は毎月の返済額も低く設定してあるので、安心して利用できるも嬉しい点です。

借入残高月の返済額
30万円以下7,000円
30万円超50万円以下10,000円
50万円超100万円以下20,000円
100万円超150万円以下30,000円
150万円超200万円以下35,000円

上記はオリックス銀行の200万円以下の返済金額表です。50万円以下までは最低が10,000円となっていますが、これはかなり低い設定です。プロミスでは30万円で最低11,000円、50万円で最低13,000円になっていますので、オリックス銀行がどれだけ低いのか分かると思います。


最低返済額は低ければそれだけ元金が減らないのですが、それ以上に入金するのは自由ですので、個人的には最低返済額は低ければ低いだけ良いと思います。


銀行カードローンのデメリット部分の口座開設もオリックス銀行はありません。提携ATM手数料無料、低めの最低返済額設定は安心して利用できる銀行カードローンと言えます。




オリックス銀行カードローン公式サイトはこちら
関連記事

キャッシング人気ランキング 1位 みずほ銀行カードローン

みずほ銀行は※金利年2.0%~14.0%!限度額は最高800万円で借り換えもOK!
※みずほ銀行で住宅ローン利用中の人は上記金利より年0.5%金利引下げ!引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

2位 アコム

カードローン審査スピードNo.1!早く借りたいならアコムがおすすめ!

3位 オリックス銀行カードローン

提携ATM台数99,000台以上!(2018年2月末現在)すべて終日手数料が無料!

4位 SMBCモビット

Web完結の元祖はモビット!電話連絡・郵送無しで借りれる!

5位 プロミス

プロミスなら最短1時間融資が可能!WEB完結で自宅への郵送一切なし!
※WEB完結の対象金融機関は200行以上あります。


テーマ : 銀行系カードローン
ジャンル : ファイナンス

コメントの投稿

非公開コメント

キャッシングおすすめランキング
プロミス

キャッシングおすすめ1位はプロミス!最短30分審査と平日14時までにWEB契約完了すれば即日融資可能!最短で1時間融資もOK!メールアドレスとWEB利用明細の登録で30日間無利息サービスもあり、キャッシングする人の多くに選ばれている人気カードローンです。


SMBCモビット

モビットの特徴はWEB完結によって、電話連絡なし・郵送物なしで借入できることです。キャッシングすると誰かに知られる不安がありますが、モビットなら鉄壁のプライバシー保護にって、誰にも知られずに借りることが可能です!初めての人にはおすすめしたい1枚です。


アコム

今すぐにでも借りたいならアコム!審査スピードは業界最速の最短30分!自動契約機も多数あるので銀行時間外でも最短即日融資が可能!

よく読まれている記事
キャッシング最新記事
キャッシングカテゴリ
キャッシングリンク
月別アーカイブ
運営者情報
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告