キャッシングカードローンを比較・解説!

キャッシングカードローンタイプ別比較No.1

2010年6月18日に改正貸金業法は完全施行され、大きな柱として「上限金利の引下げ」「総量規制」が導入されました。グレーゾーン金利は廃止となり、上限金利は年20%、そして総量規制年収の3分の1以上の借入は原則できません。今後、突然借入ができなくなる可能性もある為、自分自身でキャッシング・カードローンの内容を理解し、総量規制を知ることが必要な時代になります。当サイトはキャッシングカードローン比較とともに改正貸金業法についても書いていきます。

トップページ > おまとめローン > おまとめローンのメリット・デメリットとは?

おまとめローンのメリット・デメリットとは?

おまとめローンのメリット・デメリットの画像

総量規制導入後、例外貸付として融資可能な他社1本化商品「おまとめローン」が再度注目を浴びています。年収の1/3以上の借入が困難となった今、複数の借入を低金利でまとめることは総支払金額で言えばかなり違ってきます。しかし、メリットばかりではなくデメリットも当然あります。


安易な気持ちでおまとめローン一本化をした為に、まとめる前よりも借金が増えてしまった人は山ほどいます。おまとめローンは確かに借金を無くすには最善の策なのですが、その反面返済期間が非常に長くなりますので、それに耐えれる強い気持ちと、返済能力が必要とされてきます。


今回は一本化商品「おまとめローン」のメリットとデメリットについて説明したいと思います。


         

おまとめローンのメリット

・複数の借入を低金利1本化することで毎月の支払金額が少なくなり、負担が軽くなる。
・完済するまでの総支払金額を計算すると払い込みの金額はまとめた方がかなりお得。
・複数の借入があった場合、いつ完済するのかはっきり分からないまま返済をしているケースが多く、1本化することで完済日付など具体的な返済計画が分かるようになる。
・まとめることで返済日には1社のみの支払となり、面倒な手間が省ける。
・入院や事故などがあって返済について相談したい時も、1社のみであれば手続きも楽。
・返済専用の商品のため借金が増えることは無い。
※貸金業者のおまとめローンの場合。銀行カードローンは除く。


おまとめローンの最大のメリットとしては低金利1本化することで毎月の支払金額、総支払金額が少なくなる点です。


【例】50万円利率18%の場合、1ヵ月(30日)利用した場合の利息は7,397円

4社では7,397×4=29,588円

200万円を5年(60回)で完済する場合、1ヵ月の支払い金額は合計約51,000円
年間支払い金額612,000円 5年支払い総額3,060,000円

200万円 利率12%の場合、1ヵ月(30日)利用した場合の利息は19,726円

200万円を5年(60回)で完済する場合、1ヵ月の支払い金額は約45,000円
年間支払い金額540,000円 5年支払い総額2,700,000円

差額360,000円


上記をみても分かるように1ヶ月の利息だけで約1万円違ってきます。なお且つ5年契約で組んだ場合、必ず5年後には借金が無くなることになります。おまとめローンで1本化せず、複数の業者で借入していた場合、枠内で追加利用すれば当然完済日は延び、いつまで経っても完済することはありません。


おまとめローンの良い点として完済日付が明確に分かることで返済意欲にもつながり、計画的に借金を無くしていけることも挙げられます。


おまとめローンのデメリット

・まとめた後は返済のみになる為、急な出費等があったとしても追加利用が一切できなくなる。
※貸金業者のおまとめローンの場合。銀行カードローンは総量規制対象外の為追加融資のリボ契約も可能です。
・仮に他でキャッシングした場合、契約違反となることもある。
・小口のフリーローンに比べると審査に時間がかかり、書類も多い。
・原則保証人は不要だが、審査によっては保証人が必要となる場合もある。


おまとめローンの1番のデメリットとして、借入後は返済のみになり追加融資が一切受けられなくなる点です。今まで借りていたローンが限度額内で追加利用が可能だったなら、急な出費があれば追加融資としてすぐに引き出せたと思いますが、それができなくなります!


そんなに大きな問題では無いように思いますが、今までキャッシングに頼っていた体質はすぐに変わるものではなく、まったく借入ができないというのは精神的に不安をもたらし、キャッシング利用度が高ければ高いほどかなりキツイことなのです。


金融会社によっては、まとめた後に他社から借入をした場合契約違反となる場合があります。もし契約違反となったなら、分割での返済は認められず一括で清算するか保証人を新たに付けなければいけなくなるケースもありますので注意が必要です。


おまとめローンのメリット・デメリットまとめ

おまとめローンについてのメリット・デメリットを書きましたが、ひとつ言えることはメリットの方が断然多いということです!

デメリットは今後融資が受けられなくなることぐらいで、それは自分自身の問題です。本気で借金を無くすことを考えれば借入ができなくなったほうが良いこともあります。完済するまで借入は2度とせず早く借金を無くすことが先決なのです。


もし、あなたが事故で入院した場合、返済はどうしますか?不慮の事故で亡くなった場合、借金は財産と同じく相続されることになります。いつまでも借金があることは自分自身辛いと思いますし、何かあった場合身内に迷惑がかかることも充分ありますので早期完済をめざしましょう!少しでも記事が参考になれば幸いです。


おまとめなら低金利+高限度額の銀行カードローンへ!

おまとめローンや借り換えローンなら、銀行カードローンをおすすめします。銀行カードローンは貸金業者に比べ、低金利+高限度額になっており、おまとめ・借り換えに最適となっています。


そして総量規制対象外になることから、年収3分の1以上負債があったとしても審査次第で融資も可能!貸金業者のおまとめローンであれば、年収3分の1以上負債があった場合、借入後に追加融資ができなくなりますが、銀行カードローンは総量規制の適用を受けず、リボ契約で追加融資も可能です。

管理人が選んだおすすめ銀行カードローンは下記ページに紹介しています。


金利が安い銀行カードローンはこちら⇒



融資まで早く借りたい人はアコムが絶対おすすめ!

三菱UFJフィナンシャルグループ アコム
金 利限度額
3.0%~18.0%最高800万円
融資日数P R
最短即日利用可最短30分審査

申し込みしてからできるだけ早く借りたい!と思っている人は、アコムがおすすめです。即日融資で選ぶならば、消費者金融と決まっているのですが、その中でもアコムは最速の審査スピード&即日融資と前から口コミ評判で言われています。


アコムの特徴として、三菱UFJ銀行・三井住友銀行・ゆうちょ銀行の口座があれば新規申込みに限り18時まで即日融資延長サービスがあることです。通常消費者金融の場合、即日融資で借りたい場合は平日の14時までに契約完了していなければ、当日に振込で借入することはできません。それは銀行の振込締め切り時間があるために、夕方に申込した場合は最短で翌営業日が振込の日になってしまいます。


しかし、アコムの場合だと、上記の銀行口座を持っていれば18時まで当日振込による借入が可能になるのです!なので15時や16時に申込しても、当日に振込融資を受けることができます。


そして金利0円サービスとして、30日間無利息も行っていますので、即日融資だけではなく、あらゆる面で満足できるキャシングカードローンと言えるでしょう。

【アコムのおすすめポイント!】

初めてのお申込みの方は30日間金利0円サービス!

消費者金融でも最速と言われている審査スピード!最短30分審査!

パートアルバイトでも安定的な収入があれば借入OK!

アコムの自動契約機なら8:00~22:00まで受け付け可能!年中無休(年末年始は除く)




アコム公式サイトはこちら



無利息を利用しておまとめすると利息が1ヶ月無料!

プロミス30日間無利息画像

借り換えする場合、金利ばかりに目が行きがちですが、無利息期間があるキャッシング先に借り換えることによって、30日分の利息をタダにすることが可能です!


例えば、50万円を金利18.0%で借りている場合、1ヶ月(30日間)の利息は7,397円になります。これを30日間無利息があるプロミスで同じ50万円を借りて、完済すれば(借り換え)30日間は金利がかかりませんので、丸々30日分の利息が無くなったことになるのです。


プロミスは銀行カードローンと違い、金利は17.8%ですが、他の消費者金融より若干金利は低くなっています。半年程度の短い期間の利用ならば、無利息を使った借り換えをした方が、銀行カードローンより利息を抑えることは充分に可能と言えます。


プロミス
金 利限度額
4.5%~17.8%1~500万円
審査時間P R
最短30分最短1時間融資

※30日間無利息サービスはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※即日(当日)融資は平日14時迄にweb契約完了で振込可能です。

プロミスは14時以降の申込みでも自動契約機を利用すれば即日融資が可能です!プロミスと三井住友銀行の自動契約機が利用でき、合計台数は消費者金融でもNo.1となっています。


また、ジャパンネット銀行または三井住友銀行の普通預金口座を持っていれば、14時以降でも夜でも、土日でも「瞬フリ」によって振込融資が可能となっています。今日中に借りたいなど、早く借りたい人にはプロミスがおすすめです。



プロミス公式サイトはこちら


貸金業者低金利No.1!三井住友カードゴールドローン

三井住友カードゴールドローンは貸金業者ではトップとなる金利4.5%~9.8%の低金利!上限金利は9.8%の為、少額のキャッシングでも金利は必ず1桁の9.8%以下となります!この金利は銀行カードローンよりも低金利となっており、限度額は最高500万円のことから低金利への借り換えも含め、かなりオススメなキャッシングカードです。

三井住友カードゴールドローンの最大のメリットは、返済実績に応じて翌年から0.3%ずつ、最大1.2%の金利引下げ制度にあります。
三井住友カードゴールドローン金利引下げ
利用中に一度も延滞しないことが条件となりますが、その場合、5年後には最大1.2%の金利引下げとなり、9.8%⇒8.6%、4.5%で借りていた人は最大3.3%の適用金利も可能となっています!審査は最短1日のスピード審査に加え、全国の銀行・コンビニ・ゆうちょATMよりキャッシング可能! 低金利重視ならNo.1とも言えるカードです。

三井住友カード ゴールドローン
金 利限度額
4.5%~9.8%1~500万円
審査時間P R
最短1日金利引下げ有

【三井住友カードゴールドローンおすすめポイント!】

実質年率4.5%~9.8%の低金利!金利は最大でも1桁の9.8%!

限度額最高500万円!大口借入も可能!

返済実績に応じて翌年から0.3%ずつ、最大1.2%の金利引下げ制度有り!

審査は最短1日のスピード審査!全国の銀行・コンビニ・ゆうちょATMよりキャッシング可能!



三井住友カードゴールドローン公式サイトはこちら



アイフルのかりかえMAXは総量規制例外貸付!

総量規制(年収の3分の1以上貸付不可)で申込可能なのは銀行カードローンだけではありません。消費者金融は貸金業者の為、総量規制が適用されますが、総量規制にも例外貸付があり、年収1/3以上負債があったとしても一定の条件をクリアすれば融資は審査次第で可能になります。


消費者金融の中でもおすすめなのは、総量規制例外貸付として積極的にPRしているアイフルのかりかえMAXです。この商品は総量規制例外貸付条項の「顧客に一方的に有利となる借り換え」「段階的に債務を減らす借り換え」に基づく商品です。現状で負債が年収3分の1以上だったとしても総量規制例外貸付として申込み可能となりますが、新たに融資を受けて既存の借入の返済のみに充てられる(借換え)ことが契約条件となります。


例外貸付としての融資の為、借入後は返済のみとなりますが、かりかえMAXの金利は年12.0%~17.5%の為、数社をまとめて借り換えすることにより、毎月の支払金額が軽減され今までよりも余裕を持って返済することが可能となります。そして何より、借入は減らしていかなければいつまでたっても完済はできません。限度額内で繰り返し借入が可能なリボ契約は確かに便利ですが、返済後にすぐに追加借入をしてしまうケースが多く、気がつけば5年以上返済と借入を繰り返し、尚且つ、残高がほとんど減っていない又は増えている場合などがあり、それはリボ契約の便利さの反面、借金が無くなりづらいデメリットとも言えます。


かりかえMAXは返済のみの商品となることから、借入段階でいつに完済になるのかはっきりと分かり、返済計画がしっかりと立てられます。銀行カードローンの審査が不安な方は、アイフルのかりかえMAXで金利を引下げ借り換えすることを検討してみても良いと思います。
※アイフルかりかえMAXはアイフルを初めてご利用される方限定となります。

アイフル かりかえMAX
金 利限度額
12.0%~17.5%1~500万円
返済期間P R
※14年6ヶ月(1~151回)総量規制例外貸付

※500万円を12.0%(実質年率)で借入した場合。1回の支払いにつき35日以内または毎月約定日払い

【アイフルかりかえMAXおすすめポイント】
おすすめ1年収3分の1以上負債があっても申込可能!

アイフルかりかえMAXは総量規制例外貸付商品の為、年収1/3以上負債があったとしても申込可能です。※新たに融資を受けて既存の借入の返済のみに充てられる(借換え)ことが契約条件となります。

おすすめ2金利は低金利の年12.0%~17.5%!

かりかえMAXの魅力は金利12.0%~17.5%の低金利です。限度額は最高500万円の為、12.0%超の借入先を複数借り換えすることで毎月の支払金額が下がり、余裕を持って返済計画が立てられます。

おすすめ3ネットで申し込み後来店不要で契約可能!

アイフルかりかえMAXはネットからお申し込み後、来店不要で郵送にて契約も可能です。※お急ぎの場合はご来店にて契約をおすすめします。



アイフル公式サイトはこちら


キャッシング人気ランキング 1位 みずほ銀行カードローン

みずほ銀行は※金利年2.0%~14.0%!限度額は最高800万円で借り換えもOK!
※みずほ銀行で住宅ローン利用中の人は上記金利より年0.5%金利引下げ!引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

2位 アコム

カードローン審査スピードNo.1!早く借りたいならアコムがおすすめ!

3位 オリックス銀行カードローン

提携ATM台数99,000台以上!(2018年2月末現在)すべて終日手数料が無料!

4位 SMBCモビット

Web完結の元祖はモビット!電話連絡・郵送無しで借りれる!

5位 プロミス

プロミスなら最短1時間融資が可能!WEB完結で自宅への郵送一切なし!
※WEB完結の対象金融機関は200行以上あります。


テーマ : クレジット、キャッシング、ローン
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

キャッシングおすすめランキング
プロミス

キャッシングおすすめ1位はプロミス!最短30分審査と平日14時までにWEB契約完了すれば即日融資可能!最短で1時間融資もOK!メールアドレスとWEB利用明細の登録で30日間無利息サービスもあり、キャッシングする人の多くに選ばれている人気カードローンです。


SMBCモビット

モビットの特徴はWEB完結によって、電話連絡なし・郵送物なしで借入できることです。キャッシングすると誰かに知られる不安がありますが、モビットなら鉄壁のプライバシー保護にって、誰にも知られずに借りることが可能です!初めての人にはおすすめしたい1枚です。


アコム

今すぐにでも借りたいならアコム!審査スピードは業界最速の最短30分!自動契約機も多数あるので銀行時間外でも最短即日融資が可能!

よく読まれている記事
キャッシング最新記事
キャッシングカテゴリ
キャッシングリンク
月別アーカイブ
運営者情報
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告