キャッシングカードローンを比較・解説!

キャッシングカードローンタイプ別比較No.1

2010年6月18日に改正貸金業法は完全施行され、大きな柱として「上限金利の引下げ」「総量規制」が導入されました。グレーゾーン金利は廃止となり、上限金利は年20%、そして総量規制年収の3分の1以上の借入は原則できません。今後、突然借入ができなくなる可能性もある為、自分自身でキャッシング・カードローンの内容を理解し、総量規制を知ることが必要な時代になります。当サイトはキャッシングカードローン比較とともに改正貸金業法についても書いていきます。

トップページ > 借り換えローン > キャッシング借り換え審査のポイント

キャッシング借り換え審査のポイント

キャッシング借り換えの画像

キャッシングでは今借り換えローンが人気となっています。その理由は、2010年6月から年収の3分の1を超える貸付を禁止とした総量規制が導入されたことで、キャッシングできる金額は年収の3分の1までと制限されたことが大きいと言えます。


この制約は新規借入だけに適用されるわけでは無く、今現在利用中の人にも適用されることから、借入が年収の3分の1を超えたことが判明した時点で貸金業者は追加借入の停止措置を取らなければならず、いままで限度額内で繰り返し利用できていた人も突然追加のキャッシングができなくなる事態が発生します。


貸金業者はあくまで法律に沿って追加停止をしており、電話等でしつこくお願いしたところで追加利用ができることはありません。今まで追加借入で返済の足しにしていた人などは、追加利用を止められたことにより、キャッシングローンの返済がより一層厳しくなったと感じます。


追加利用ができない返済のみになった場合、多くの人が考えることは低金利に借り換えして利息を軽減したい、月々の返済負担を減らしたいと思うのです。


返済しかできないのであれば低金利で返済していきたいと思うことは当然です。そのような理由からキャッシングの借り換えローンが今人気の商品となっているのです。


今回はキャッシングの借り換えの審査ポイントについて書いていきます。

         

キャッシング借り換え審査のポイントとは?

キャッシング借り換え審査のポイント

まず、借り換え審査は通常の借入審査とは若干違います。通常の借入審査+借り換えの審査と思ってもらえば分かりやすいですが、第一前提として、その人にお金を貸せるかどうかの審査(通常の借入審査)があります。年収や、居住年数、勤続年数などの属性により可否が判断され、まずそこで問題無しと判断された場合、借り換えの審査に移るケースが多いと思われます。


そして借り換えの審査は、借り換え対象(完済予定のローン)の残高、毎月の支払金額、金利、限度額を調査して(本人より聞き取りなどして)、判断することになりますが、ポイントとしては、借り換えローンは必ず、借り換え前よりも低金利になることが絶対条件となりますので、もともと低金利のローンだった場合は、当然ですが審査は厳しくなります。


借り換え対象となる金利は100万円未満で年率17%~18%100万円以上で15%程度の金利が対象です。100万円未満で10%~12%程度の金利なら低金利のローンとなりますので、それ以上低金利に借り換えることは非常に難しいと言えます(フリーローンで考えた場合)。


消費者金融やクレジットカードのキャッシングで限度額が100万円未満の場合、ほとんどは実質年率17%~18%の金利となっています。これが2社以上あった場合、金利10%~14%台に借り換えすることで毎月の利息はかなり軽減することが可能です。


【例】
A社 借入100万円 実質年率15% 30日間の利息¥12,328円

B社 借入 50万円 実質年率18% 30日間の利息¥7,397円

C社 借入 60万円 実質年率17% 30日間の利息¥8,383円

3社合計の30日間の利息¥28,108円


【上記3社をD社 借入210万円 実質年率10%で借り換えした場合】

30日間の利息¥17,206円 差額-10,902円!


上記の例は3社を借り換えした場合ですが、A社B社C社とも、消費者金融やクレジットカードのキャッシングであれば借入金利はそれに近い金利になっている人が多いと思います。


あくまで10%で借り換えた場合の計算ですが、たった1ヵ月で利息の違いは10,902円にもなるのです!同じ金額を返済しても、借り換え前であればあまり元金が減らないかもしれませんが、借り換え後であれば10,902円も多く元金が減ることになります。これを年単位で見れば差はかなり大きくなり、それほど借り換えの効果は絶大とも言えるのです。


こんな10%の低金利で借りることは難しいのではないか?と思う人も多いと思いますが、今の時代、銀行カードローンであればこれ以上の低金利で借りることも可能と言えるのです。審査は決して甘くはありませんが、借り換えの場合、あくまで今借りているローンを完済することが条件となりますので、貸付後に借金の増加はありません。


今現在の支払が問題なく継続できていると信用情報等で分かるのであれば、金利が下がり、毎月の支払金額が軽減される借り換えなら、今後も支払は可能と判断できる大きなポイントとなるのです。


実際、当サイトおすすめのみずほ銀行カードローンの場合、借入限度額別に金利は最初から決まっており、仮に210万円を借りれた場合の金利は年9.0%となり、10%よりも低い金利設定となるのです。


借入が多くても借り換えは可能なのか?

ここまで借り換えのメリットについて説明しましたが、借り換え前の疑問として、総量規制がある中で、そもそも高い限度額の借り換えが可能なのか?と思ってしまいますが、総量規制には「除外」と「例外」があり、低金利へ借り換えすることは総量規制例外貸付として貸金業法でも認められていることなのです。


もし今、借入が多い状態で、消費者金融やクレジットカードのキャッシングの追加利用ができず、返済のみをしているのであれば、キャッシングの借り換えをすることを強くおすすめします。


キャッシング借り換えのデメリットはなにがあるのか?

キャッシング借り換えのデメリット

キャッシングを借り換えした場合、メリットは充分に分かるのですが、デメリットの部分はどうなのか?ここが一番気になる事だと思います。借り換えローンには当然デメリットもありますので、そのことも理解したうえで借り換えすることが重要となります。


【キャッシング借り換えのデメリット】
・毎月の返済金額を減らしすぎたために借り換え前よりも総返済金額が高くなる場合がある。
・契約内容をよく理解せずに借り換えした場合、返済専用など追加利用できない場合もある。
・金利ばかり見て、提携ATMや返済方法などを考えずに借り換えしたために、借り換え後の利便性が悪い。


キャッシング借り換えのデメリットで1番多いのが、低金利へ借り換えしたのは良いのですが、低金利故に毎月の返済金額を下げ過ぎて、完済するまでの総返済金額が借り換え前よりも多くなってしまうことです。


この説明だけだと、あまり意味が分からないと思いますので、例を出して説明します。例えば、借り換え前は50万円を金利18%で借りていて、毎月20,000円の返済をしていたとします。この場合、完済まで一度も追加利用をせずに返済を続けた場合、32回で完済となり、最終回が11,374円の支払いなので、総返済金額は631,374円となります。


では、これを金利15%のローンで借り換えしたとします。返済金額をそのまま2万円で設定すれば良いのですが、金利を引き下げしたことによって、毎月の返済金額も下げることが可能となり、支払いが苦しかったために、毎月の返済金額を15,000円に下げて借り換えしたとします。借入額は50万円、金利は15.0%、毎月返済金額が15,000円の設定です。


この場合、追加借入を一切無しで返済した場合、完済するには44回支払いとなります。最終回は5,823円になりますので、総返済金額は650,823円となり、借り換え前よりも支払った金額が多くなるのです。これは毎月の返済金額を引き下げたために元金充当額が少なくなり、その分支払期間が延びてしまう例です。


仮に同じ20,000円の返済金額で15.0%で借り換えしたのならば、返済回数は31回、最終回が3,248円となり、総返済金額は603,248円で、借り換え前よりも-28,126円少なくなります。このように、借り換えローンのデメリットとして最も多いのは、金利を引き下げしても、月々の支払額も下げてしまったことで実質の総返済金額が増えていることです。


<低金利へ借り換えしても総返済額が増えるケース>
【借り換え前】
借入残高50万円 金利18.0% 毎月の返済20,000円
→完済まで32回払い 総返済金額631,374円

【借り換え後】
借入額50万円 金利15.0% 毎月の返済15,000円(引下げした)
→完済まで44回払い 総返済金額650,823円

【返済額を下げずに金利だけ下げて借り換えした場合】
借入額50万円 金利15.0% 毎月の返済20,000円(借り換え前と同じ)
→完済まで31回払い 総返済金額603,248円

キャッシング借り換えでは、金利を引き下げたとしても、月々の返済金額も下げてしまうと、元金への充当額が少なくなり、結果的に借り換え前よりも総支払金額が増えてしまうことがあります。
総返済金額を必ず減らすには、金利を下げても月々の返済金額は減らさないことが重要となってきます。


しかしながら、毎月の返済金額が下がることはメリットになります。返済が苦しい人などは低金利へ借り換えすることによって月々の支払を下げ、返済不能から立ち直ることもできるのです。総返済金額のみ見ればデメリットとなるのですが、月の返済金額が下がることはメリットなので、一概に借り換えのデメリットとは言えない部分です


無利息を利用して借り換えすると利息が1ヶ月無料!

プロミス30日間無利息画像

借り換えする場合、金利ばかりに目が行きがちですが、無利息期間があるキャッシング先に借り換えることによって、30日分の利息をタダにすることが可能です!


例えば、50万円を金利18.0%で借りている場合、1ヶ月(30日間)の利息は7,397円になります。これを30日間無利息があるプロミスで同じ50万円を借りて、完済すれば(借り換え)30日間は金利がかかりませんので、丸々30日分の利息が無くなったことになるのです。


プロミスは銀行カードローンと違い、金利は17.8%ですが、他の消費者金融より若干金利は低くなっています。半年程度の短い期間の利用ならば、無利息を使った借り換えをした方が、銀行カードローンより利息を抑えることは充分に可能と言えます。


プロミス
金 利限度額
4.5%~17.8%1~500万円
審査時間P R
最短30分最短1時間融資

※30日間無利息サービスはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※即日(当日)融資は平日14時迄にweb契約完了で振込可能です。

プロミスは14時以降の申込みでも自動契約機を利用すれば即日融資が可能です!プロミスと三井住友銀行の自動契約機が利用でき、合計台数は消費者金融でもNo.1となっています。


また、ジャパンネット銀行または三井住友銀行の普通預金口座を持っていれば、14時以降でも夜でも、土日でも「瞬フリ」によって振込融資が可能となっています。今日中に借りたいなど、早く借りたい人にはプロミスがおすすめです。



プロミス公式サイトはこちら

融資まで早く借りたい人はアコムが絶対おすすめ!

三菱UFJフィナンシャルグループ アコム
金 利限度額
3.0%~18.0%最高800万円
融資日数P R
最短即日利用可最短30分審査

申し込みしてからできるだけ早く借りたい!と思っている人は、アコムがおすすめです。即日融資で選ぶならば、消費者金融と決まっているのですが、その中でもアコムは最速の審査スピード&即日融資と前から口コミ評判で言われています。


アコムの特徴として、三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行の口座があれば新規申込みに限り18時まで即日融資延長サービスがあることです。通常消費者金融の場合、即日融資で借りたい場合は平日の14時までに契約完了していなければ、当日に振込で借入することはできません。それは銀行の振込締め切り時間があるために、夕方に申込した場合は最短で翌営業日が振込の日になってしまいます。


しかし、アコムの場合だと、上記の銀行口座を持っていれば18時まで当日振込による借入が可能になるのです!なので15時や16時に申込しても、当日に振込融資を受けることができます。


そして金利0円サービスとして、30日間無利息も行っていますので、即日融資だけではなく、あらゆる面で満足できるキャシングカードローンと言えるでしょう。

【アコムのおすすめポイント!】

初めてのお申込みの方は30日間金利0円サービス!

消費者金融でも最速と言われている審査スピード!最短30分審査!

パートアルバイトでも安定的な収入があれば借入OK!

アコムの自動契約機なら8:00~22:00まで受け付け可能!年中無休(年末年始は除く)




アコム公式サイトはこちら


キャッシング借り換えにおすすめのカードローン!

みずほ銀行カードローン

借り換えするには、当然ですが、金利の低いローンを選ぶことが最重要課題です。金利が低いローン=銀行カードローンとなりますが、その中でも、借り換え利用がOKで、上限金利が低いのは、みずほ銀行カードローンです。


みずほ銀行カードローンは、金利年2.0%~14.0%、限度額最大800万円で、すべてのキャッシング・カードローンの中でもスペックはトップクラスです。最大の魅力は金利にあって、上限金利年14.0%は借り換えには最適な銀行ローンと言えます。特に200万円以上300万円未満の金利は年9.0%となっているので、大口融資にも非常に有利となるローンなのです!


これだけのスペックであっても、審査はとてもスピーディー!みずほ銀行住宅ローンを組んでいる方は、さらに年0.5%金利が下がりますので(引き下げ後の金利は年1.5%~13.5%)、みずほ銀行を利用している人にとっては、最もメリットが高いキャッシング先となるのです。WEB完結で来店・郵送も不要で借入できるのも大きな魅力です。


みずほ銀行カードローン
金 利限度額
年2.0%~14.0%最大800万円
審査時間P R
HP参照限度額最大級

※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

【みずほ銀行カードローンの金利】

利用限度額10万円以上100万円未満100万円以上200万円未満200万円以上300万円未満300万円以上400万円未満
基準金利年14.0%年12.0%年9.0%年7.0%

利用限度額400万円以上500万円未満500万円以上600万円未満600万円以上800万円未満800万円
基準金利年6.0%年5.0%年4.5%年2.0%


【みずほ銀行カードローンのおすすめポイント!】

金利年2.0%~14.0%の低金利!上限年14.0%は銀行でもトップクラス!

800万円の限度額で借り換えも自由!

銀行でも審査が早い!お急ぎの方でも安心!

※WEB完結申込みで来店・郵送も不要!



みずほ銀行カードローン公式サイトはこちら


SMBCモビット

モビットは最高限度額800万円で、消費者金融では最大となっています。金利3.0%~18.0%で最低金利は銀行カードローンよりも低くなっており、抜群の知名度によって安心して借入することができます。


最大の特徴はWEB完結によって郵送物なしで借りられることです。モビットのWEB完結はカードレスに対応しているため、カード発行をしなければ自宅への郵便物はありません。そして電話連絡もなしで借りられるのがモビットWEB完結の大きな魅力です。申込み画面の入力項目も少なく、非常に分かり易いと評判になっています。

SMBCモビット
金 利限度額
3.0%~18.0%最高800万円
融資日数P R
※最短即日郵送無で借入
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

【SMBCモビットのおすすめポイント!】

金利3.0%~18.0%!銀行カードローン並の最低金利!

最高限度額800万円は消費者金融トップ!

モビットのWEB完結なら郵送物無しで借入できる!

安心して借りれて知名度も抜群!




モビット公式サイトはこちら

三井住友カード ゴールドローン

三井住友カードゴールドローンは貸金業者ではトップとなる金利4.5%~9.8%の低金利!上限金利は9.8%の為、少額のキャッシングでも金利は必ず1桁の9.8%以下となります!この金利は銀行カードローンよりも低金利となっており、限度額は最高500万円のことから低金利への借り換えも含め、かなりオススメなキャッシングカードです。

三井住友カードゴールドローンの最大のメリットは、返済実績に応じて翌年から0.3%ずつ、最大1.2%の金利引下げ制度にあります。
三井住友カードゴールドローン金利引下げ
利用中に一度も延滞しないことが条件となりますが、その場合、5年後には最大1.2%の金利引下げとなり、9.8%⇒8.6%、4.5%で借りていた人は最大3.3%の適用金利も可能となっています!審査は最短1日のスピード審査に加え、全国の銀行・コンビニ・ゆうちょATMよりキャッシング可能! 低金利重視ならNo.1とも言えるカードです。

三井住友カード ゴールドローン
金 利限度額
4.5%~9.8%1~500万円
審査時間P R
最短1日金利引下げ有

【三井住友カードゴールドローンおすすめポイント!】

実質年率4.5%~9.8%の低金利!金利は最大でも1桁の9.8%!

限度額最高500万円!大口借入も可能!

返済実績に応じて翌年から0.3%ずつ、最大1.2%の金利引下げ制度有り!

審査は最短1日のスピード審査!全国の銀行・コンビニ・ゆうちょATMよりキャッシング可能!



三井住友カードゴールドローン公式サイトはこちら



関連記事

キャッシング人気ランキング 1位 みずほ銀行カードローン

みずほ銀行は※金利年2.0%~14.0%!限度額は最高800万円で借り換えもOK!
※みずほ銀行で住宅ローン利用中の人は上記金利より年0.5%金利引下げ!引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

2位 アコム

カードローン審査スピードNo.1!早く借りたいならアコムがおすすめ!

3位 オリックス銀行カードローン

提携ATM台数99,000台以上!(2018年2月末現在)すべて終日手数料が無料!

4位 SMBCモビット

Web完結の元祖はモビット!電話連絡・郵送無しで借りれる!

5位 プロミス

プロミスなら最短1時間融資が可能!WEB完結で自宅への郵送一切なし!
※WEB完結の対象金融機関は200行以上あります。


テーマ : キャッシング
ジャンル : ファイナンス

コメントの投稿

非公開コメント

キャッシングおすすめランキング
プロミス

キャッシングおすすめ1位はプロミス!最短30分審査と平日14時までにWEB契約完了すれば即日融資可能!最短で1時間融資もOK!メールアドレスとWEB利用明細の登録で30日間無利息サービスもあり、キャッシングする人の多くに選ばれている人気カードローンです。


SMBCモビット

モビットの特徴はWEB完結によって、電話連絡なし・郵送物なしで借入できることです。キャッシングすると誰かに知られる不安がありますが、モビットなら鉄壁のプライバシー保護にって、誰にも知られずに借りることが可能です!初めての人にはおすすめしたい1枚です。


アコム

今すぐにでも借りたいならアコム!審査スピードは業界最速の最短30分!自動契約機も多数あるので銀行時間外でも最短即日融資が可能!

よく読まれている記事
キャッシング最新記事
キャッシングカテゴリ
キャッシングリンク
月別アーカイブ
運営者情報
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告