キャッシングカードローンを比較・解説!

キャッシングカードローンタイプ別比較No.1

2010年6月18日に改正貸金業法は完全施行され、大きな柱として「上限金利の引下げ」「総量規制」が導入されました。グレーゾーン金利は廃止となり、上限金利は年20%、そして総量規制年収の3分の1以上の借入は原則できません。今後、突然借入ができなくなる可能性もある為、自分自身でキャッシング・カードローンの内容を理解し、総量規制を知ることが必要な時代になります。当サイトはキャッシングカードローン比較とともに改正貸金業法についても書いていきます。

トップページ > 総量規制・総量規制対象外 > 専業主婦でもキャッシング可能なカードローンとは?

専業主婦でもキャッシング可能なカードローンとは?

専業主婦

2010年6月に総量規制が導入され本人に収入が無い専業主婦がキャッシングすることは法律で禁止となってしまいました。


総量規制が施行される前は配偶者に安定的な収入があれば専業主婦でも問題なくキャッシングすることは可能でしたが、年収3分の1の規制ができたことで、自身の収入が0円の専業主婦は実質借入ができなくなったことになります。


専業主婦で消費者金融からキャッシングをしようとした場合、総量規制例外貸付の「配偶者同意貸付」でなければ融資を受けることはできません。配偶者同意貸付とは、配偶者と専業主婦の2人分の年収に対して、2人の借入年収の3分の1迄であれば貸付可能としたものです。


しかし、配偶者同意貸付は夫にも当然信用情報の調査が入る為、配偶者に同意してもらう必要があり、内緒で審査はできません。その為、キャッシングする事実を配偶者に伝える必要があり、専業主婦側から考えればキャッシングすることはあまり言いたくないこともあり、実際の手続きとしては難しい状況です。


なにより、キャッシングの同意を配偶者に得られるのであれば、配偶者が申込みして配偶者名義でキャッシングした方が借入できる可能性は格段に高いと言えます。


では総量規制導入後に専業主婦だけでキャッシングするにはどうしたらよいのか?今回は専業主婦でもキャッシング可能なカードローンについて書いていきます。

         

専業主婦でキャッシングするなら総量規制対象外で!

専業主婦がキャッシングできなくなった理由は、そもそも総量規制の為です。総量規制が導入された目的は多重債務者問題が大きな理由ですが、多重債務者が借りられないようにする = 専業主婦が借りられなくなるのは別問題です。


確かに多重債務者が発生しないようにするのと、貸金業者の過剰貸付けの禁止を規制する総量規制は一定の効果があるのかもしれません(総量規制に関しては賛否両論ですが)。しかし、全く借金が無い専業主婦までも多重債務者と同じ規制対象になるのはおかしなことです。


日本の家庭の多くは主婦・専業主婦が家計をしていることが多く、夫は毎月のお小遣い制で収入の管理は妻がしているの大部分ではないでしょうか?そう考えたとき、夫に安定的な収入があるのであれば、家計を握っている専業主婦は返済能力的には有りと取れることができます。


負債が多く返済能力が無い多重債務者に融資をするのと、専業主婦でも夫の収入で返済能力が見込める専業主婦を一括りに考えるのは間違っているとも言えます。


話がそれましたが、要するに総量規制が適用されないカードローンであれば、専業主婦でもキャッシングすることは充分に可能なのです。


総量規制とは貸金業法の法律の為、適用を受けるのは貸金業者のみです。主に消費者金融、クレジットカードのキャッシング・信販のキャッシングが該当します。貸金業者ではないカードローンであれば年収3分の1の規制を受けず、専業主婦でもキャッシングは可能なのです。



銀行カードローンでキャッシング可能な専業主婦

銀行カードローンで最もおすすめは、銀行本体が貸付している銀行カードローンになります。銀行は貸金業者ではありません。


、銀行カードローンは消費者金融と比べても断然の低金利となり、又、提携金融機関ATM・コンビニATMも多く、利便性としては消費者金融以上とも言えます。


銀行カードローンの中でも専業主婦向けに融資可能としているカードローンがあり、配偶者に安定的な収入があればキャッシングは可能となっています。専業主婦の方でキャッシングを検討しているのであれば、まず銀行カードローンにお申込みすることをおすすめします。今回は専業主婦でもキャッシング可能な銀行カードローンをご紹介します。




主婦でもパート・アルバイトならお申込み可能!

専業主婦ではなく、パートやアルバイトで収入があるのであれば消費者金融でも借入は可能です。おすすめは業界最大手のアコム。最短審査結果回答まで30分のスピード審査と三菱UFJフィナンシャルグループの安心感!で顧客満足度はかなり高いです。

三菱UFJフィナンシャルグループ アコム
金 利限度額
3.0%~18.0%最高800万円
融資日数P R
最短即日利用可最短30分審査

【アコム4つのおすすめポイント】
おすすめ1金利3.0%~18.0% 限度額最高800万円は消費者金融最高水準!低金利と言えば銀行カードローンが多い中、アコムは下限金利3.0%となり、下限金利だけで見れば銀行カードローンと同等の金利と言えます。そして消費者金融では限度額300万円がほとんどですが、アコムは最高限度額は800万円!消費者金融最大手として商品内容は一つ飛び抜けて良いと言えます。

おすすめ2消費者金融随一のスピード審査・即日対応!即日(当日)融資であればアコムが断然おすすめです。簡単な項目で分かる3秒診断を初め、正式審査結果回答までは最短で30分!インターネットで申込みしておけば夕方以降でも来店・無人契約機など多数の契約方法で当日融資が可能なのもアコムの特長と言えます。

おすすめ3インターネットで申込みから契約まで可能!来店不要で借入できます。インターネットからの申込みは24時間OK。

おすすめ4むじんくん(自動契約機)来店なら21:00まで申込み可能!その場でカード発行!仕事帰りにも利用できます。




アコム公式サイトはこちら



プロミスレディースは主婦でもパートの収入があれば借入OK!

消費者金融大手のプロミスは主婦でも、パート・アルバイトの収入があれば申込可能です!メールアドレスとWEB利用明細の登録で30日間無利息と、三井住友銀行ATM手数料無料、そしてゆうちょ銀行も提携しており利便性は最高と言えます。


プロミス
金 利限度額
4.5%~17.8%1~500万円
審査時間P R
3秒診断有※30日間無利息

※30日間無利息サービスはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※即日(当日)融資は平日14時迄にweb契約完了で振込可能です。

【プロミスのおすすめポイント!】

メールアドレス登録とWEB利用明細登録で30日間無利息!

消費者金融大手の安心感!銀行系消費者金融で安全に借りれる!

審査は最短30分!最短1時間融資も可能!

プロミスのWEB完結なら自宅への郵送は一切なしで借入できる!

三井住友銀行・ジャパンネット銀行口座があれば24時間いつでもキャッシング可能!

※プロミスWEB完結の対象金融機関は200行以上あります。




プロミス公式サイトはこちら
関連記事

キャッシング人気ランキング 1位 みずほ銀行カードローン

みずほ銀行は※金利年2.0%~14.0%!限度額は最高800万円で借り換えもOK!
※みずほ銀行で住宅ローン利用中の人は上記金利より年0.5%金利引下げ!引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

2位 アコム

カードローン審査スピードNo.1!早く借りたいならアコムがおすすめ!

3位 オリックス銀行カードローン

提携ATM台数99,000台以上!(2018年2月末現在)すべて終日手数料が無料!

4位 SMBCモビット

Web完結の元祖はモビット!電話連絡・郵送無しで借りれる!

5位 プロミス

プロミスなら最短1時間融資が可能!WEB完結で自宅への郵送一切なし!
※WEB完結の対象金融機関は200行以上あります。


テーマ : 女性専用ローン
ジャンル : ファイナンス

コメントの投稿

非公開コメント

キャッシングおすすめランキング
プロミス

キャッシングおすすめ1位はプロミス!最短30分審査と平日14時までにWEB契約完了すれば即日融資可能!最短で1時間融資もOK!メールアドレスとWEB利用明細の登録で30日間無利息サービスもあり、キャッシングする人の多くに選ばれている人気カードローンです。


SMBCモビット

モビットの特徴はWEB完結によって、電話連絡なし・郵送物なしで借入できることです。キャッシングすると誰かに知られる不安がありますが、モビットなら鉄壁のプライバシー保護にって、誰にも知られずに借りることが可能です!初めての人にはおすすめしたい1枚です。


アコム

今すぐにでも借りたいならアコム!審査スピードは業界最速の最短30分!自動契約機も多数あるので銀行時間外でも最短即日融資が可能!

よく読まれている記事
キャッシング最新記事
キャッシングカテゴリ
キャッシングリンク
月別アーカイブ
運営者情報
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告