キャッシングカードローンを比較・解説!

キャッシングカードローンタイプ別比較No.1

2010年6月18日に改正貸金業法は完全施行され、大きな柱として「上限金利の引下げ」「総量規制」が導入されました。グレーゾーン金利は廃止となり、上限金利は年20%、そして総量規制年収の3分の1以上の借入は原則できません。今後、突然借入ができなくなる可能性もある為、自分自身でキャッシング・カードローンの内容を理解し、総量規制を知ることが必要な時代になります。当サイトはキャッシングカードローン比較とともに改正貸金業法についても書いていきます。

トップページ > 総量規制・総量規制対象外 > 総量規制対象外のキャッシングするポイント!

総量規制対象外のキャッシングするポイント!


まず総量規制・総量規制対象外については過去記事で説明してきましたが、おさらいとして簡単に説明します。総量規制とは多重債務者問題から発展して、債務者の借りすぎ・貸し手の過剰貸付けを抑制する目的として2010年6月18日に貸金業法完全施行の最終段階として導入されました。


貸金業者(主に消費者金融・クレジット会社のキャッシング・信販会社のキャッシング)は顧客の年収の3分の1までしか原則貸付はできません。仮に年収が300万円の人であれば100万円まで、600万円の人であれば200万円しか貸金業者から借入はできなくなります。そして貸金業法改正に伴い、指定信用情報機関が設置され、すべての借り入れの情報は指定情報機関の「JICC」「CIC」で厳格に管理され、融資の審査時は必ず指定信用情報機関の信用情報を調査する義務が加えられたのです。貸金業者は指定信用情報機関からの借り入れ情報より、総量規制対象の借入と総量規制対象外の借入を判断できることから、対象の借入が3分の1以上あった時点で原則断らなければなりません。


法律改正前は貸す・貸さないは、貸金業者の判断に委ねられていました。自社の支払い実績が良く、長年の取引で一度も延滞が無いようであれば、負債が多かったとしても、その人の信用で融資することは珍しくありませんでした。負債過多の顧客に貸して回収不能になれば貸した会社が損をするだけです。しかし、総量規制の導入により、貸す・貸さないは法律として制限が加えられるようになったのです。


簡単に総量規制について説明しました。今回は総量規制の適用を受けない、総量規制対象外のキャッシングをするにあたってのポイントを書いていきたいと思います。

         

銀行カードローンは総量規制対象外!

総量規制について説明しましたが、総量規制の適用を受けるのは「貸金業者」のみです。貸金業者とは貸金業登録をしている金融会社で、ほとんどのノンバンクは貸金業者となります。消費者金融やクレジット会社・信販会社のキャッシングは貸金業登録による貸金業者です。(※ショッピング利用は割賦販売法が適用される為、リボ払いでも総量規制は適用外となりますので、年収の3分の1以上借入があってもショッピング利用は可能です。)


しかし、銀行等の金融機関は貸金業者には当たらないことから、年収3分の1までの総量規制は適用されず、総量規制の対象外となるのです。簡単に言えば、年収600万円の人が既に借入が200万円あった場合、消費者金融へ通常に申込みしても総量規制で借りることはできませんが、銀行融資であれば審査次第で借入は可能ということです。


なぜ銀行は総量規制の対象外なのか?多重債務者の多くは必ずしも消費者金融等の借入がすべてではありません。大きな原因は住宅ローンの穴埋め的なことから消費者金融等でキャッシングして返済が苦しくなり多重債務者に発展すると言われています。消費者金融だけの借入ではなく、銀行等の金融機関、車のローンなどの借入も含め多重債務者となるのですが、法律改正当時からも、銀行融資についてはほとんどが論じられることはありませんでした。


その理由は「金利」の問題が大きいと言われています。上記のように多重債務者になる原因は住宅ローンの穴埋めで借りる人、ギャンブルや遊びの交際費で借りる人など、人それぞれです。多重債務になるのは本人の性格が大きいとされていますが、法律の議論となった当時、「金利が高いので多重債務者になる」という偏った考えのもと、低金利の銀行は規制の除外になったのではないかと言われています。又、銀行は銀行法という別の法律があることから、あくまで貸金業法改正に中に銀行は最初から関係ない状態だったのです。



銀行カードローンは保証会社の審査が借入のポイント

総量規制の対象外と言っても、消費者金融が貸さない中、銀行が融資をするのだろうか?一般の人はそう思うのではないでしょうか。確かに以前までは銀行で借りられなかった人が消費者金融等から借りていたのは事実です。しかし今は、消費者金融から借りれなかった人でも銀行カードローンで借入はできる!と言うことができます!


その理由の1つは、銀行カードローンは昔と違い、今積極的に小口金融市場の貸付残高を伸ばそうとしています。不景気で会社の設備投資等は減っていく中、消費者金融が大きな利益を出したことで、小口貸付市場をある程度の位置づけ・柱とし、個人向け融資で収益をあげようとしている点です。


以前から個人向け融資に関して方向性はあったものの、消費者金融等の審査、融資、債権管理のノウハウがなかったことで積極融資まではいかなかったのですが、銀行は大手消費者金融を子会社やグループ会社にすることで個人向け小口融資の分野も可能になりました。そして最大のポイントは銀行カードローンは必ず保証会社が付いているということです。


保証会社とは延滞などで不良債権化になった場合、債務者に代わって銀行へ残金を支払し、保証会社が債務者から回収をしていきます。保証会社はメガバンクであれば子会社やグループ会社の消費者金融や信販・クレジット会社がしており、地方銀行などは大手消費者金融や大手信販会社が保証会社になっている場合がほとんどです。


保証会社が付くことで、銀行は例え不良債権化になったとしても保証会社から代位弁済がある為、リスクはほとんどありません。保証会社の貸金業者も保証料収入と、過去の債権管理のノウハウから不良債権化となってもある程度は回収が見込めることから双方にとってメリットがあることなのです。


その為、銀行カードローンは保証会社の審査が通らなければ借りることはできませんが、この保証会社の審査が大きなポイントになります。保証会社は消費者金融等の貸金業者と説明しましたが、保証の審査は通常の審査とは違ってきます。なぜなら、銀行カードローンは総量規制が適用されない為、仮に年収の3分の1以上負債があった場合、消費者金融等へ直接申込みがあれば断らなければならない顧客でも、銀行カードローンの保証審査では関係ないのです。


そう考えた場合、通常の消費者金融等の貸付の審査よりもハードルが下がった審査になると言っても過言ではありません。しかも、貸付した顧客すべてが不良債権になるわけでもない為、保証会社の貸金業者はある程度審査を通すようにすることも考えられます。そして銀行は保証会社が審査OKだった場合、リスク無く融資ができることから、保証会社の審査が通れば高確率で銀行カードローンの融資を受けられることになるのです。



総量規制対象外のキャッシングにデメリットは無し!

総量規制対象外となる銀行カードローンの特長は、消費者金融等の貸金業者に比べ、断然の低金利+高限度額、そして提携ATMの多さに提携ATM利用手数料0円!とかなり多くあります。特に金利については50万円を消費者金融等の貸金業者から借りた場合、ほとんどは金利17%~18.0%となりますが、銀行カードローンは15%以下になるのがほとんどです。高限度額になれば適用金利の差はかなり違ってきます。


総量規制対象外に加え、低金利・高限度額・利便性の良さ。総量規制対象外の銀行カードローンでキャッシングするデメリットはほとんど無いと言い切れます。あえて言うのであれば、即日融資・来店融資・審査スピードの点では消費者金融には劣ります。しかし、それをカバーするほどの内容があり、提携ATM利用手数料0円などは満足度がかなり高いのではないでしょうか?


総量規制対象外のキャッシングポイントについて書いてきました。銀行は審査が厳しく、消費者金融でも借りられない時代に借りれるのか?この疑問について少しでも違う考えになったのなら幸いです。銀行カードローンは厳しいというイメージを取り払い、メリットが数あるカードローンとして、最初に申込みすることをおすすめします。



アイフルのかりかえMAXは総量規制例外貸付!

総量規制(年収の3分の1以上貸付不可)で申込可能なのは銀行カードローンだけではありません。消費者金融は貸金業者の為、総量規制が適用されますが、総量規制にも例外貸付があり、年収1/3以上負債があったとしても一定の条件をクリアすれば融資は審査次第で可能になります。


消費者金融の中でもおすすめなのは、総量規制例外貸付として積極的にPRしているアイフルのかりかえMAXです。この商品は総量規制例外貸付条項の「顧客に一方的に有利となる借り換え」「段階的に債務を減らす借り換え」に基づく商品です。現状で負債が年収3分の1以上だったとしても総量規制例外貸付として申込み可能となりますが、新たに融資を受けて既存の借入の返済のみに充てられる(借換え)ことが契約条件となります。


例外貸付としての融資の為、借入後は返済のみとなりますが、かりかえMAXの金利は年12.0%~17.5%の為、数社をまとめて借り換えすることにより、毎月の支払金額が軽減され今までよりも余裕を持って返済することが可能となります。そして何より、借入は減らしていかなければいつまでたっても完済はできません。限度額内で繰り返し借入が可能なリボ契約は確かに便利ですが、返済後にすぐに追加借入をしてしまうケースが多く、気がつけば5年以上返済と借入を繰り返し、尚且つ、残高がほとんど減っていない又は増えている場合などがあり、それはリボ契約の便利さの反面、借金が無くなりづらいデメリットとも言えます。


かりかえMAXは返済のみの商品となることから、借入段階でいつに完済になるのかはっきりと分かり、返済計画がしっかりと立てられます。銀行カードローンの審査が不安な方は、アイフルのかりかえMAXで金利を引下げ借り換えすることを検討してみても良いと思います。
※アイフルかりかえMAXはアイフルを初めてご利用される方限定となります。

アイフル かりかえMAX
金 利限度額
12.0%~17.5%1~500万円
返済期間P R
※14年6ヶ月(1~151回)総量規制例外貸付

※500万円を12.0%(実質年率)で借入した場合。1回の支払いにつき35日以内または毎月約定日払い

【アイフルかりかえMAXおすすめポイント】
おすすめ1年収3分の1以上負債があっても申込可能!

アイフルかりかえMAXは総量規制例外貸付商品の為、年収1/3以上負債があったとしても申込可能です。※新たに融資を受けて既存の借入の返済のみに充てられる(借換え)ことが契約条件となります。

おすすめ2金利は低金利の年12.0%~17.5%!

かりかえMAXの魅力は金利12.0%~17.5%の低金利です。限度額は最高500万円の為、12.0%超の借入先を複数借り換えすることで毎月の支払金額が下がり、余裕を持って返済計画が立てられます。

おすすめ3ネットで申し込み後来店不要で契約可能!

アイフルかりかえMAXはネットからお申し込み後、来店不要で郵送にて契約も可能です。※お急ぎの場合はご来店にて契約をおすすめします。



アイフル公式サイトはこちら

関連記事

キャッシング人気ランキング 1位 みずほ銀行カードローン

みずほ銀行は※金利年2.0%~14.0%!限度額は最高800万円で借り換えもOK!
※みずほ銀行で住宅ローン利用中の人は上記金利より年0.5%金利引下げ!引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

2位 アコム

カードローン審査スピードNo.1!早く借りたいならアコムがおすすめ!

3位 オリックス銀行カードローン

提携ATM台数99,000台以上!(2018年2月末現在)すべて終日手数料が無料!

4位 SMBCモビット

Web完結の元祖はモビット!電話連絡・郵送無しで借りれる!

5位 プロミス

プロミスなら最短1時間融資が可能!WEB完結で自宅への郵送一切なし!
※WEB完結の対象金融機関は200行以上あります。


テーマ : 銀行系カードローン
ジャンル : ファイナンス

コメントの投稿

非公開コメント

キャッシングおすすめランキング
プロミス

キャッシングおすすめ1位はプロミス!最短30分審査と平日14時までにWEB契約完了すれば即日融資可能!最短で1時間融資もOK!メールアドレスとWEB利用明細の登録で30日間無利息サービスもあり、キャッシングする人の多くに選ばれている人気カードローンです。


SMBCモビット

モビットの特徴はWEB完結によって、電話連絡なし・郵送物なしで借入できることです。キャッシングすると誰かに知られる不安がありますが、モビットなら鉄壁のプライバシー保護にって、誰にも知られずに借りることが可能です!初めての人にはおすすめしたい1枚です。


アコム

今すぐにでも借りたいならアコム!審査スピードは業界最速の最短30分!自動契約機も多数あるので銀行時間外でも最短即日融資が可能!

よく読まれている記事
キャッシング最新記事
キャッシングカテゴリ
キャッシングリンク
月別アーカイブ
運営者情報
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告