キャッシングカードローンを比較・解説!

キャッシングカードローンタイプ別比較No.1

2010年6月18日に改正貸金業法は完全施行され、大きな柱として「上限金利の引下げ」「総量規制」が導入されました。グレーゾーン金利は廃止となり、上限金利は年20%、そして総量規制年収の3分の1以上の借入は原則できません。今後、突然借入ができなくなる可能性もある為、自分自身でキャッシング・カードローンの内容を理解し、総量規制を知ることが必要な時代になります。当サイトはキャッシングカードローン比較とともに改正貸金業法についても書いていきます。

トップページ > 審査基準・審査関連 > 借りれる金融会社とは?

借りれる金融会社とは?

キャッシングするにあたって、よく借りれるキャッシング先というキーワードを見かけます。確かに金融会社によって審査基準は異なりますが、どの金融会社が確率高く借りれるのか?これについて書いていきたいと思います。

         

キャッシング申し込み先を絞る

まずは申し込みする金融会社を大まかに絞りましょう。キャッシング先の会社は数多くありますが大まかに分けると、「銀行カードローン」「消費者金融」「クレジットカードキャッシング」「信販会社」大体この4つに分けられます。


貸金業法の改正前までは総量規制が無かったため、信用情報機関も分かれていたことから仮に消費者金融でかなりの借入があったとしても、クレジットカードはすんなり審査に通ったり、銀行の融資もOKになることはありました。しかし、今は総量規制の導入により指定信用情報機関の加入が義務付けられ、銀行・クレジット会社も消費者金融も同じ信用情報機関に加入しているので、どこに申し込みしても負債金額はすぐに知られてしまいます。


では4つの中で 「借入できる確立が高い」 のはどこでしょうか?答えは消費者金融会社です。


総量規制が導入されたことでノンバンクは年収の1/3以上の貸付は規制されることになりました。ノンバンク外の銀行は別の法律があり、貸金業法の適用を受けません。適用を受けないということは総量規制も関係ないのですが、銀行カードローンの審査は消費者金融よりも厳しいと言えます。


ひとつの根拠として、多くの銀行カードローンは消費者金融の保証を受けています。要するに、銀行カードローンへ申し込みした場合、保証会社の消費者金融が貸せるか貸せないかの判断をしていると言っても過言ではありません。結局のところ銀行は昔から体質が変わらずリスクが高い融資は行わない姿勢なのです。不良債権化すれば保証会社の消費者金融が保証履行することで銀行は何も損することなく債権を回収できることになっています。そんな銀行カードローンの審査が消費者金融より緩いわけがありませんよね。


クレジットカード会社・信販については銀行より審査は通りやすい傾向にありますが、クレジットカードはショッピング機能に付随してキャッシング機能が付いていますが、総量規制・上限金利の引き下げによりキャッシングの収益を見込めなくなったことでキャッシング機能よりショッピングリボ払いをカード会社は積極的に営業しています。そのような現状であれば、おのずとキャッシングの審査が以前より厳しくなることは予想がつきます。


信販会社の大手、オリコやジャックスに関してもキャッシング収益は金利引下げ等であまり見込んでなく、他のローン提携を積極的に展開している状態です。


少し簡単に書きすぎましたが、上記の理由を含め、借りやすい会社は昔から引き続き消費者金融会社と思ってもらって構いません。


消費者金融の中で借りやすい会社は?

消費者金融といってもまだまだ数はたくさんあります。ただ一つ言える事は審査の厳しい順番として、大手→中堅→中堅以下・地元密着会社の順になることは間違いありません。当然ですが、一番最初に借入を申し込みする場合、知名度がある大手消費者金融へ申し込みしますよね?仮に大手で断られた場合、多少知っている中堅会社へ申し込みするのが普通だと思います。そして最終的には中堅以下の金融会社又は、地元密着(指定の住所地しか申し込みを受け付けない会社など)会社へ申し込みは流れていきます。


申し込みすることで必ず信用情報が調べられ、融資の申し込みとして記録が残ります。この申し込み情報が同日に数件ある場合や、1週間でかなりの件数があれば金融会社は申し込み顧客に対し、「かなり切羽詰まった状態」「借り急いでいる危険な状態」など判断し逆に借入が困難になってしまいます。ですから、適当に申し込みすることは絶対やめたほうがいいです。他にも負債があり、最初から借入優先で会社を決めるのであれば、大手へは行かず中堅会社から申し込みするべきでしょう。


なぜ大手より中堅金融会社なのか?

先ほども書いたように一般的な申し込みの流れは、知名度のある大手金融会社から始まります。申し込み顧客の内容が問題なければ貸付が行われ、中堅以下の金融会社に申し込みすることはなくなります。中堅以下へ申し込みする場合は、大手金融会社に断られた場合が多くなりますよね?


大手に比べて中堅以下金融会社の申し込み顧客は、ハイリスクの客層がベースとなります。しかし、その客層の中でも融資をしていかなければ貸付残高が増えず、当然利息収入も増えませんので経営ができなくなってしまいます。中堅以下の会社は大手で断られた顧客に対し、いかに融資をしていくかがポイントなのです。


借りれる!キャッシング まとめ

長々と書いてきましたが、借入優先でキャッシング会社を探すのであれば、審査基準が幅広い中堅以下の消費者金融会社へ申し込みすることをおすすめします。総量規制・上限金利引下げに伴い消費者金融業界は各社生き残りをかけて営業している状態です。総量規制内の申し込みがあれば多少無理をしてでも審査を通さなければ貸付残高は増えず、しいては収益が見込めなくなってしまいます。大手になるほど審査は厳格になり、総量規制内かオーバーかしかほとんど見ずに審査の決済を行っています。本来、審査とは「どのような理由でお金が必要なのか?」「顧客の人間性も考慮して結果を出す。」そのような対面式融資の流れが本当の姿ではないでしょうか?


人それぞれ返済能力には違いがあり、一律法律で貸付限度を縛ることは日本のみしかなく、常識的に考えれば総量規制という法律自体おかしいと、なぜ思わないのか?話がそれましたが、上限金利引下げとなり大手、中堅以下も金利はほとんど変わりません。借り易い=金利が高い これは間違いです。あなたに合った借入先が見つかれば幸いです。

関連記事

キャッシング人気ランキング 1位 みずほ銀行カードローン

みずほ銀行は※金利年2.0%~14.0%!限度額は最高800万円で借り換えもOK!
※みずほ銀行で住宅ローン利用中の人は上記金利より年0.5%金利引下げ!引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

2位 アコム

カードローン審査スピードNo.1!早く借りたいならアコムがおすすめ!

3位 オリックス銀行カードローン

提携ATM台数99,000台以上!(2018年2月末現在)すべて終日手数料が無料!

4位 SMBCモビット

Web完結の元祖はモビット!電話連絡・郵送無しで借りれる!

5位 プロミス

プロミスなら最短1時間融資が可能!WEB完結で自宅への郵送一切なし!
※WEB完結の対象金融機関は200行以上あります。


テーマ : クレジット、キャッシング、ローン
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

キャッシングおすすめランキング
プロミス

キャッシングおすすめ1位はプロミス!最短30分審査と平日14時までにWEB契約完了すれば即日融資可能!最短で1時間融資もOK!メールアドレスとWEB利用明細の登録で30日間無利息サービスもあり、キャッシングする人の多くに選ばれている人気カードローンです。


SMBCモビット

モビットの特徴はWEB完結によって、電話連絡なし・郵送物なしで借入できることです。キャッシングすると誰かに知られる不安がありますが、モビットなら鉄壁のプライバシー保護にって、誰にも知られずに借りることが可能です!初めての人にはおすすめしたい1枚です。


アコム

今すぐにでも借りたいならアコム!審査スピードは業界最速の最短30分!自動契約機も多数あるので銀行時間外でも最短即日融資が可能!

よく読まれている記事
キャッシング最新記事
キャッシングカテゴリ
キャッシングリンク
月別アーカイブ
運営者情報
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告