キャッシングカードローンを比較・解説!

キャッシングカードローンタイプ別比較No.1

2010年6月18日に改正貸金業法は完全施行され、大きな柱として「上限金利の引下げ」「総量規制」が導入されました。グレーゾーン金利は廃止となり、上限金利は年20%、そして総量規制年収の3分の1以上の借入は原則できません。今後、突然借入ができなくなる可能性もある為、自分自身でキャッシング・カードローンの内容を理解し、総量規制を知ることが必要な時代になります。当サイトはキャッシングカードローン比較とともに改正貸金業法についても書いていきます。

トップページ > 審査基準・審査関連 > カードローン審査基準

カードローン審査基準

カードローンを申込みする場合、自分が借りれるのか、借りれないのか気になるところです。カードローン会社それぞれに審査基準は違いますが、根本的な基本審査はどこの会社でもある程度同じなんです。


今回はカードローンの審査基準について書いていきたいと思います。
※あくまで管理人の見解のため、根拠は何もありません。参考程度にしてください。



         

まずは、新規申込みか過去に取引をしていたか

最初に調べるのは、新規の申込みなのか?又は、過去に利用していて再度の申込みなのか?これについてだと思います。過去に利用したことがある人は当然、過去の取引履歴が残っており、その情報が何よりも一番貸付の判断材料になるのです。過去に遅れもなく良好な取引をしていた人は通常の審査に+α加点が付くようなものだと思ってください。逆に以前問題ある取引(延滞・債務整理など)であればこの時点で断られるケースもあるかもしれません。今の年収や勤続・居住の状態が良くても、過去の取引は審査上大きな与信判断となることから、例え今現在借入が無くて再度申込みで断られたのなら、以前の取引が問題あるのかもしれません。カードローンの審査は保証人や担保を取らないことから、あくまでその人の信用だけで貸付をします。過去の取引=信用 これは当たり前のことですよね。



信用情報で大部分の審査結果は決まる

次は信用情報の審査に入ります。信用情報を照会して下記の場合は断りになる可能性が高いです。
他社で3か月以上延滞中(異動情報)
債務整理中又は、過去に債務整理歴があり、完済後5年未満(異動情報)
貸金業者から訴訟提起された過去がある(異動情報)
他社で支払を延滞中。
同日に5件以上申込みをしている。
年収の1/3以上他社(貸金業者)で借入枠がある。

上の3つは異動情報(事故情報)となる為、ほとんどの金融会社で融資を受けることは厳しくなります。そして、他社で支払を延滞している場合も、返済能力が無いと見られ断りになる確率が高くなるでしょう。申込み同日に5件以上は過去記事借入審査複数申込みする前にを参照してください。最後の年収の1/3以上貸金業者で借入枠があるについては、総量規制で決められていることから借入は原則できません。



居住・勤続年数は審査で重要!

信用情報が問題なかった場合、次は居住と勤続の安定性の審査等へ移ります。居住・勤続年数は、そのまま安定性の評価に繋がることから、居住年数が短く住居を転々としている、勤続年数が短く、転職が多いのは審査上マイナスポイントとなります。貸し手から見た場合、自宅と勤務先が安定していれば、連絡が取れないことはほとんどありません。逆に住所も会社もコロコロ変わるようなら連絡を取ることはかなり難しくなり、如いては貸し倒れのリスクが上がることになります。カードローンの審査では、居住・勤続年数ともに最低3年は欲しいラインです。



カードローン審査 最終は在籍確認

ここまで順調にクリアすれば残るは在籍確認ぐらいです。最終的に在籍確認が問題なければ融資可決となる可能性が高いと思います。在籍確認は自宅・勤務先へ個人名にて電話を入れ、自宅に居住している・会社に勤務していることが分かればそれでOKです。自宅に固定電話がなければ携帯へ確認の電話が入ると思いますが、その時に料金滞納で通話できなければ、断りになる確率が高くなります。又、会社への在籍確認においても、「本日は休みです」「今外出しています」などであれば問題ありませんが、大会社などになると「担当部署へは取次できません「人数が多いので分かりません」等の対応は在籍が取れたことになりません。しかし、最近は保険証と最新の給料明細で在籍確認の代わりとしてくれるところもあります。在籍確認が不安であれば、時間や日付をずらして自分自身で電話を出ることが一番確実です。



ここまで簡潔にカードローンの審査基準について書きました。冒頭で書いたようにあくまで参考程度にしておいてください。ちなみに、一度断られた会社は3か月以内に申込みしても結果は多分変わりません。申込みするのであれば3か月以上経過してから申込みすることをお勧めいたします。


人気のカードローンならアイフル!


実質年率限度額PRポイント
4.5%~18.0%500万円多彩な商品有!

今人気の申込み先はアイフル!その理由は消費者金融業界でもトップと言える多彩な商品にあり!通常のキャッシングローンに加え、レディースアイフル、総量規制例外貸付となる、かりかえMAX・事業性融資の事業サポートプラン等、さまざまなシーンやご利用方法にあわせて申込みができます。実質年率4.5%〜18.0% 最大限度額500万円!来店不要でネット契約・即日融資も可能!今注目度NO.1の消費者金融会社です。




即日融資ならアコムがおすすめ!

実質年率限度額PRポイント
3.0%~18.0%800万円3秒診断で即回答!

おすすめは消費者金融最大手のアコム。三菱UFJフィナンシャルグループの銀行系カードローンとして利便性・会員サービスの充実は群を抜いています。3秒診断や最短30分審査結果回答など、即日融資までのスピード感は随一です。下限金利3.0%~上限金利18.0%のため、低金利へ借り換え等もおすすめです。




低金利で選ぶなら、みずほ銀行カードローン!

金利が低い(安い)キャッシング・カードローンを選ぶなら、第一候補はみずほ銀行カードローンがおすすめです。

みずほ銀行カードローンは金利年2.0%~14.0%で、上限金利は年14.0%と、かなり低くなっているので、100万円以下の借入であれば、消費者金融の18.0%より年4%も低金利となっています!


【みずほ銀行カードローンの金利】

利用限度額10万円以上100万円未満100万円以上200万円未満200万円以上300万円未満300万円以上400万円未満
基準金利年14.0%年12.0%年9.0%年7.0%

利用限度額400万円以上500万円未満500万円以上600万円未満600万円以上800万円未満800万円
基準金利年6.0%年5.0%年4.5%年2.0%


消費者金融のアコムやモビットであれば、10万円以上100万円未満は金利18.0%、100万円以上は15.0%以下での融資となります。仮に100万円借りた場合、みずほ銀行なら金利年12.0%で、モビットは15.0%となり、100万円以上の高額でも年3%金利の差が開きます!


また、最初から大きな限度額を必要としない人でも、今後限度額を広げる(増額)のことも考えた場合、限度額によって予め金利が決められている銀行カードローンの方が後々必ず有利となってきます。


みずほ銀行をおすすめする点としては、低金利はもちろんですが、審査時間が銀行でも早いので、急ぎの方でも安心して申込できます。また、この低金利を活かした、借り換えローンも資金使途としてOKとなっているので、最初のカードローン借入に留まらず、低金利への借り換えでも金利の低さが威力を発揮します。


そして、WEB完結申込みに対応しており、来店・郵送も不要となっています。みずほ銀行のキャッシュカードから提携のコンビニATMより借入・任意返済も可能となっていますので、キャッシングカードと違って、見られても問題がありません。


みずほ銀行は銀行カードローンの中でも、低金利・利便性・早さを兼ね備えた、おすすめカードローンとなっています。

みずほ銀行カードローン
金 利限度額
年2.0%~14.0%最大800万円
審査時間P R
HP参照上限金利が低い!

※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。
引下げ後の金利は年1.5%~13.5%になります。

【みずほ銀行カードローンのおすすめポイント!】

金利年2.0%~14.0%の低金利!上限年14.0%は銀行でもトップクラス!

最大800万円の限度額で借り換えも自由!

銀行でも審査が早い!急ぎの方でも安心!

※WEB完結申込みで来店・郵送も不要!



みずほ銀行カードローン公式サイトはこちら



低金利重視で選ぶなら三井住友カードゴールドローンがおすすめ!

三井住友カードゴールドローンは貸金業者ではトップとなる金利4.5%~9.8%の低金利!上限金利は9.8%の為、少額のキャッシングでも金利は必ず1桁の9.8%以下となります!この金利は銀行カードローンよりも低金利となっており、限度額は最高500万円のことから低金利への借り換えも含め、かなりオススメなキャッシングカードです。

三井住友カードゴールドローンの最大のメリットは、返済実績に応じて翌年から0.3%ずつ、最大1.2%の金利引下げ制度にあります。
三井住友カードゴールドローン金利引下げ
利用中に一度も延滞しないことが条件となりますが、その場合、5年後には最大1.2%の金利引下げとなり、9.8%⇒8.6%、4.5%で借りていた人は最大3.3%の適用金利も可能となっています!審査は最短1日のスピード審査に加え、全国の銀行・コンビニ・ゆうちょATMよりキャッシング可能! 低金利重視ならNo.1とも言えるカードです。

三井住友カード ゴールドローン
金 利限度額
4.5%~9.8%1~500万円
審査時間P R
最短1日金利引下げ有

【三井住友カードゴールドローンおすすめポイント!】

実質年率4.5%~9.8%の低金利!金利は最大でも1桁の9.8%!

限度額最高500万円!大口借入も可能!

返済実績に応じて翌年から0.3%ずつ、最大1.2%の金利引下げ制度有り!

審査は最短1日のスピード審査!全国の銀行・コンビニ・ゆうちょATMよりキャッシング可能!



三井住友カードゴールドローン公式サイトはこちら



関連記事

キャッシング人気ランキング 1位 みずほ銀行カードローン

みずほ銀行は※金利年2.0%~14.0%!限度額は最高800万円で借り換えもOK!
※みずほ銀行で住宅ローン利用中の人は上記金利より年0.5%金利引下げ!引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

2位 アコム

カードローン審査スピードNo.1!早く借りたいならアコムがおすすめ!

3位 オリックス銀行カードローン

提携ATM台数99,000台以上!(2018年2月末現在)すべて終日手数料が無料!

4位 SMBCモビット

Web完結の元祖はモビット!電話連絡・郵送無しで借りれる!

5位 プロミス

プロミスなら最短1時間融資が可能!WEB完結で自宅への郵送一切なし!
※WEB完結の対象金融機関は200行以上あります。


テーマ : カードローン
ジャンル : ファイナンス

コメントの投稿

非公開コメント

キャッシングおすすめランキング
プロミス

キャッシングおすすめ1位はプロミス!最短30分審査と平日14時までにWEB契約完了すれば即日融資可能!最短で1時間融資もOK!メールアドレスとWEB利用明細の登録で30日間無利息サービスもあり、キャッシングする人の多くに選ばれている人気カードローンです。


SMBCモビット

モビットの特徴はWEB完結によって、電話連絡なし・郵送物なしで借入できることです。キャッシングすると誰かに知られる不安がありますが、モビットなら鉄壁のプライバシー保護にって、誰にも知られずに借りることが可能です!初めての人にはおすすめしたい1枚です。


アコム

今すぐにでも借りたいならアコム!審査スピードは業界最速の最短30分!自動契約機も多数あるので銀行時間外でも最短即日融資が可能!

よく読まれている記事
キャッシング最新記事
キャッシングカテゴリ
キャッシングリンク
月別アーカイブ
運営者情報
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告