キャッシングカードローンを比較・解説!

キャッシングカードローンタイプ別比較No.1

2010年6月18日に改正貸金業法は完全施行され、大きな柱として「上限金利の引下げ」「総量規制」が導入されました。グレーゾーン金利は廃止となり、上限金利は年20%、そして総量規制年収の3分の1以上の借入は原則できません。今後、突然借入ができなくなる可能性もある為、自分自身でキャッシング・カードローンの内容を理解し、総量規制を知ることが必要な時代になります。当サイトはキャッシングカードローン比較とともに改正貸金業法についても書いていきます。

トップページ > カードローン比較 > カードローンで低金利はどこなのか?金利を比較してみた!

カードローンで低金利はどこなのか?金利を比較してみた!

銀行が小口融資を積極展開してきたことにより、カードローンの種類もかなり多くなってきました。借りる側としては、どのカードローンが一番お得なのか?安心・安全に借りれる会社は?そして一番低金利なのは?いろいろと考えることは多いはずです。


カードローンを選ぶポイントはいくつかありますが、借入の目的と審査基準、当日融資の可否など、自分の一番優先したい事を基準に会社を決めることが最も良いのではないかと思います。


例えば、どうしても当日に現金が必要な場合、1%~2%金利が低い会社よりも当日融資可能な会社を選らばなければ意味がありません。又、10日間ぐらいしか利用しないのが確実であれば、低金利を比較するよりも、無利息適用される会社を選べば、利息は場合によっては1円も払わなくて済みます。このように、カードローン会社それぞれに特色やサービスが異なります。


今回はカードローンを選ぶときのポイントと、おすすめの低金利カードローンを比較してご案内します。


         

カードローンを選ぶときのポイント

・適用金利(表示の上限金利)が低い。
・金融機関ATMやコンビニ等の提携が多く、借入・入金の利便性が良い。
・無利息期間がある。
・早急に必要な場合は、当日融資が可能かどうか。
・ネットやモバイルでの会員サービスが充実しているか。
・安全・安心して借りれる会社か。
・借り手のプライバシー保護について徹底されているか。
・無駄な案内や広告などで自宅に郵便物を送らない。

選ぶときのポイントは、大まかに書けばこれぐらいになると思います。

【適用金利が低い】
1番目の金利については当然のことだと思いますが、広告等で表示されている金利は例えば、5%~18%などと書いてあり、実際に借りた時の適用金利がはっきりと書いてありません。100万円未満の借入であれば、表示の上限金利が適用金利となるケースがほとんどです。上記の表示の場合、100万円未満の借入であれば適用金利は大体が18%になります。

【金融機関ATMやコンビニ等の提携が多い】
次に重要となるのは、提携ATMやコンビにからも支払できるなどの利便性の問題です。借入や返済がすぐ近くの銀行やコンビにATMで可能であればいつでも利用できますが、提携が少なく銀行振込しか方法が無ければ、振込手数料もとられますし、銀行まで車で何十分もかかるなら、かなり面倒に感じるものです。

【無利息適用があれば短期利用の金利は0円?】
3番目の無利息期間とは、新規契約時に適用されることが多く、プロミスであれば、新規契約から30日間は無利息となります(メールアドレス登録とWEB利用明細の登録が必要)。仮に1ヶ月後に一括で返済するのであれば、プロミスで借りることで利息は0%の計算になるのです。低金利の銀行カードローンよりも無利息サービスのある会社を選ぶべきでしょう。

【当日融資が可能か】
今の時代、銀行カードローンでも最短で当日融資可能な会社は多くあります。しかし、当日融資であれば午前中には審査結果が出ていなければ時間的に間に合わない場合もあります。多くの会社は14時までに振込手続き完了が条件となり、そうすると申込み時間は営業開始後にしたほうが安全とも言えます。当日融資にこだわるのであれば有人店舗へ直接行くか、無人契約機のある会社を選ぶことが重要です。

【会員サービスが充実している】
会員になった場合、携帯やPCなどで残高情報や今までの入出金明細、住所変更などのサービスが充実している会社は大変便利です。

【安全・安心して借りられる】
知名度のある大手カードローン会社であればどこでも安全・安心に利用はできます。逆に中堅以下の金融であれば心配に思うかもしれませんが、貸金業法の取立規制は以前から厳しく規定されており、正規の貸金業者であれば問題ないと思います。しかし、安全・安心を第一優先に考えるのであれば銀行カードローンよりも貸金業者の大手をおすすめします。理由として貸金業法は取り立て行為の規制がかなり厳しくなっており、貸金業協会の自主規制も合わさり非常に細かく規定されています。銀行法と貸金業法では断然貸金業法の規制の方が厳しいと言えるからです(銀行は貸金業法は関係ありません)。

【借り手のプライバシー保護・自宅への郵便について】
カードローンも借金には変わりありません。借金をしていることは誰でも知られたくないことです。自宅に郵便をするにも家族に知られないように配慮をしてくれる、又、自宅には連絡も郵送も一切してこないなど借り手のプライバシーを充分配慮してくれることは大切と言えます。プライバシー保護重視で選ぶなら消費者金融大手にするべきです。消費者金融は昔より借り手のプライバシー保護にはかなりの配慮をしてきています。郵便物は延滞しない限り送られることはありません(契約時に郵送禁止と伝えてください)。連絡1つするにしても借りている事を知られない様に充分に気を配っているのは消費者金融の長所と言っても良いと思います。

カードローンを選ぶポイントを大まかに書きましたが、当日融資と無利息期間以外は大手カードローン会社であればどこも水準は高く満足度は高いと思います。以下におすすめカードローンを一覧比較しておきます。



銀行カードローン

会社名限度額実質年率最短即日無利息
三菱UFJ銀行カードローン500万円1.8%~14.6%HP参照

会社名限度額実質年率最短即日無利息
楽天銀行スーパーローン800万円1.9%~14.5%

会社名限度額実質年率最短即日無利息
三井住友銀行カードローン800万円4.0%~14.5%HP参照

会社名限度額実質年率最短即日無利息
みずほ銀行カードローン最大800万円年2.0%~14.0%HP参照

【おすすめは三菱UFJ銀行カードローンバンクイック!】

銀行カードローンを選ぶなら、三菱UFJ銀行カードローンバンクイックがおすすめです。バンクイックは消費者金融と同じ審査スピード!(※インターネットからの申込みの場合)そして銀行カードローンでも自動契約機が設置してあるため、早くカード発行を希望している人にとっては強い味方です!


三菱UFJ銀行カードローンの魅力は圧倒的な低金利1.8%~14.6%の為、10万円などの少額利用でも適用金利は上限金利の14.6%となります。

三菱UFJ銀行カードローン バンクイック
金 利限度額
1.8%~14.6%※最高500万円
融資日数P R
HP参照知名度NO.1

【三菱UFJ銀行カードローン バンクイックのおすすめポイント】

おすすめ1テレビ窓口からスピーディーにカード発行可能!
バンクイックは他の銀行カードローンと違い、銀行内にテレビ窓口が設置されています。そのため、銀行営業時間外でもテレビ窓口を利用することによって、その場でカード発行が可能となっています!※発行されたカードは、発効日の翌営業日以降、審査の結果により利用可能。

【テレビ窓口営業時間】
(設置場所がATMコーナー)
平日:9時~20時
土日・祝日:10時~18時
日曜:10時~17時

(設置場所がロビー)
平日:9時~15時
土日祝日:受付不可
※曜日・支店によって、テレビ窓口の営業時間は異なります。


おすすめ2金利は1.8%~14.6%の低金利!限度額最高500万円!
銀行カードローンの特長とも言える低金利。三菱UFJ銀行カードローン バンクイックは1.8%~14.6%の低金利で、借入利率は利用限度額によって異なります。

400万円超500万円以下300万円超400万円以下200万円超300万円以下100万円超200万円以下10万円以上100万円以下
年1.8%~年6.1%年6.1%~年7.6%年7.6%~年10.6%年10.6%~年13.6%年13.6%~年14.6%

上記の表を見ても分かる通り、注目は利用限度額100万円以下の金利です。消費者金融やクレジット会社のカードローンでは100万円未満の場合18%が多い中、三菱UFJ銀行カードローン バンクイックは10万円以上~100万円以下は年利13.6%~14.6%!そして、200万円超からは下限金利が1桁台になり、最高限度の500万円では下限金利の年利1.8%が適用される可能性もあります。

※利率は変動金利です。
※平成29年3月27日以降にご契約のお客さまの適用金利です。それ以前にバンクイックをご契約のお客さまの適用金利は、本金利と異なる場合があります。


おすすめ3三菱UFJ銀行ATM・コンビニ提携ATM手数料0円!
バンクイックは全国の三菱UFJ銀行ATM以外にも、提携コンビニATMであるセブンイレブンATM・ローソンATM・E-net ATM(ファミリーマート等)での手数料は一切かかりません!繰り返し借入と返済をするリボ契約の場合、借入と返済ごとにATM手数料を取られた場合、頻繁に利用するとATM手数料は意外に大きくなるものです。


仮に、入金の際に210円、借入の際に105円の手数料が取られればATM手数料だけで1000円以上かかることはよくあることです。三菱UFJ銀行カードローン バンクイックは提携ATM手数料は0円の為、いつでも、何度でも利用しても1円もかからず、全国の提携コンビニATM・三菱UFJ銀行ATMから入金・出金が可能なことから、利便性としては最高レベルと言えます。




三菱UFJ銀行カードローン公式サイトはこちら


銀行トップクラスの低金利は、みずほ銀行カードローン!

金利が低い(安い)キャッシング・カードローンを選ぶなら、第一候補はみずほ銀行カードローンがおすすめです。

みずほ銀行カードローンは金利年2.0%~14.0%で、上限金利は年14.0%と、かなり低くなっているので、100万円以下の借入であれば、消費者金融の年18.0%より年4%も低金利となっています!


【みずほ銀行カードローンの金利】

利用限度額10万円以上100万円未満100万円以上200万円未満200万円以上300万円未満300万円以上400万円未満
基準金利年14.0%年12.0%年9.0%年7.0%

利用限度額400万円以上500万円未満500万円以上600万円未満600万円以上800万円未満800万円
基準金利年6.0%年5.0%年4.5%年2.0%


消費者金融のアコムやモビットであれば、10万円以上100万円未満は金利18.0%、100万円以上は15.0%以下での融資となります。仮に100万円借りた場合、みずほ銀行なら金利年12.0%で、モビットは15.0%となり、100万円以上の高額でも年3%金利の差が開きます!


また、最初から大きな限度額を必要としない人でも、今後限度額を広げる(増額)のことも考えた場合、限度額によって予め金利が決められている銀行カードローンの方が後々必ず有利となってきます。


みずほ銀行をおすすめする点としては、低金利はもちろんですが、審査時間が銀行でも早いので、急ぎの方でも安心して申込できます。また、この低金利を活かした、借り換えローンも資金使途としてOKとなっているので、最初のカードローン借入に留まらず、低金利への借り換えでも金利の低さが威力を発揮します。


そして、WEB完結申込みに対応しており、来店・郵送も不要となっています。みずほ銀行のキャッシュカードから提携のコンビニATMより借入・任意返済も可能となっていますので、キャッシングカードと違って、見られても問題がありません。


みずほ銀行は銀行カードローンの中でも、低金利・利便性・早さを兼ね備えた、おすすめカードローンとなっています。

みずほ銀行カードローン
金 利限度額
年2.0%~14.0%最大800万円
審査時間P R
HP参照上限金利が低い!

※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。
引下げ後の金利は年1.5%~13.5%になります。

【みずほ銀行カードローンのおすすめポイント!】

金利年2.0%~14.0%の低金利!上限年14.0%は銀行でもトップクラス!

最大800万円の限度額で借り換えも自由!

銀行でも審査が早い!急ぎの方でも安心!

※WEB完結申込みで来店・郵送も不要!



みずほ銀行カードローン公式サイトはこちら



三井住友銀行カードローンは総合評価ではトップ!

銀行カードローンで選ぶなら、メガバンクがスペック的には高くておすすめです。みずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行がメガバンクとなっていますが、全てにおいて高水準となっているのは、間違いなく三井住友銀行カードローンです。


カードローンの内容的にはバンクイックと商品性は似ており、最大のメリットは自動契約機によって即日カード発行が可能な点です。


そして、三井住友銀行にはバンクイックには無いメリットとして、限度額が最高800万円までとなっており、高限度額で資金使途自由な点が挙げられます。(※事業性資金の利用は禁止)


銀行カードローンにはそれぞれのメリット・デメリットがありますが、三井住友銀行は、専業主婦への融資がNGになっていること以外は、ほとんどデメリットが無いカードローンとなっているのです。


三井住友銀行カードローン
三井住友銀行カードローンバナー金 利限度額
4.0%~14.5%最高800万円
融資日数審査時間
HP参照HP参照

【三井住友銀行カードローンのおすすめポイント】

おすすめ1金利4.0%~14.5%で銀行でも低水準!
三井住友銀行カードローンは、年4.0%~14.5%(変動金利)で、上限金利はバンクイックよりも低くなっています!14.5%の上限金利ということは、仮に50万円で借りた場合、消費者金融ならば18%近くの金利になりますが、三井住友銀行なら3.5%も低い金利となり、毎月の利息発生は消費者金融よりも確実に低くなります!

おすすめ2口座開設も必要ありません!
三井住友銀行カードローンでは銀行カードローンのデメリットと言える、普通預金口座開設は必要ありません!
イオン銀行やりそな銀行、みずほ銀行は借り入れ条件に普通預金口座を持っていることが条件なので、口座が無い人は口座開設の手続きも同時に行う必要があります。
しかし、三井住友銀行は口座の開設は不要で、ローンカードが発行されますので、カードを使って借入することが可能なのです。口座開設不要は今の銀行カードローンの中では大きなメリットと言えるでしょう。




三井住友銀行カードローン公式サイトはこちら



レイクALSAは2つの無利息から選べる!提携ATM手数料も無料!

レイクALSA
実質年率限度額
4.5%~18.0%1~500万円
審査時間P R
最短即日審査2つの無利息有

【レイクALSAのおすすめポイント!】

借入額全額30日間無利息または、借入額5万円まで180日間無利息が選べる!

消費者金融でもコンビニ等の提携ATM手数料が無料!

Web完結はカードレス対応なので自宅への郵送物無しで借りれる!

申込完了画面に審査結果が出るので、結果連絡を待つ必要無し!


レイクALSAはプロミスやアコムとは違い、借入額の全額30日間無利息または、借入額5万円まで180日間無利息のどちらかを選ぶことができます。そして消費者金融では提携ATM手数料有料が普通なのですが、レイクALSAはコンビニ等の提携ATM手数料が無料になっています。セブン銀行・ローソン・Enetの提携ATMが無料なのでいつでもどこでも返済・借入ができます!


また、Web完結ではカードレス対応になっていますので、カード不要で手続きをすれば、自宅への郵送物は一切ありません。後日にカード発行も可能なので、郵便物が気になる人は、一旦カード不要で手続きすることをおすすめします。




レイク公式サイトはこちら
キャッシング人気ランキング 1位 みずほ銀行カードローン

みずほ銀行は※金利年2.0%~14.0%!限度額は最高800万円で借り換えもOK!
※みずほ銀行で住宅ローン利用中の人は上記金利より年0.5%金利引下げ!引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

2位 アコム

カードローン審査スピードNo.1!早く借りたいならアコムがおすすめ!

3位 オリックス銀行カードローン

提携ATM台数99,000台以上!(2018年2月末現在)すべて終日手数料が無料!

4位 SMBCモビット

Web完結の元祖はモビット!電話連絡・郵送無しで借りれる!

5位 プロミス

プロミスなら最短1時間融資が可能!WEB完結で自宅への郵送一切なし!
※WEB完結の対象金融機関は200行以上あります。


テーマ : 低金利のローン
ジャンル : ファイナンス

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【カードローン低金利比較!】

銀行が小口融資を積極展開してきたことにより、カードローンの種類もかなり多くなってきました。借りる側としては、どのカードローンが一番お得なのか?安心・安全に借りれる会社は...

コメントの投稿

非公開コメント

キャッシングおすすめランキング
プロミス

キャッシングおすすめ1位はプロミス!最短30分審査と平日14時までにWEB契約完了すれば即日融資可能!最短で1時間融資もOK!メールアドレスとWEB利用明細の登録で30日間無利息サービスもあり、キャッシングする人の多くに選ばれている人気カードローンです。


SMBCモビット

モビットの特徴はWEB完結によって、電話連絡なし・郵送物なしで借入できることです。キャッシングすると誰かに知られる不安がありますが、モビットなら鉄壁のプライバシー保護にって、誰にも知られずに借りることが可能です!初めての人にはおすすめしたい1枚です。


アコム

今すぐにでも借りたいならアコム!審査スピードは業界最速の最短30分!自動契約機も多数あるので銀行時間外でも最短即日融資が可能!

よく読まれている記事
キャッシング最新記事
キャッシングカテゴリ
キャッシングリンク
月別アーカイブ
運営者情報
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告