キャッシングカードローンを比較・解説!

キャッシングカードローンタイプ別比較No.1

2010年6月18日に改正貸金業法は完全施行され、大きな柱として「上限金利の引下げ」「総量規制」が導入されました。グレーゾーン金利は廃止となり、上限金利は年20%、そして総量規制年収の3分の1以上の借入は原則できません。今後、突然借入ができなくなる可能性もある為、自分自身でキャッシング・カードローンの内容を理解し、総量規制を知ることが必要な時代になります。当サイトはキャッシングカードローン比較とともに改正貸金業法についても書いていきます。

トップページ > 審査基準・審査関連

借入審査複数申込みする前に

キャッシングの審査で一度断られると次に申込みする場合、また断られた時のことを考え、2件や3件同時に申し込みする人もいると思います。しかし、借入の審査へ複数何件も申込みするのは逆に借入が不利になり、ますます融資を受けられなくなります。


あなたが申込みをする⇒金融会社は信用情報機関へあなたの借金の金額を調査する為に照会します⇒照会の目的として融資の申込みがあった区分で照会しますので、この時点であなたの信用情報に申し込み件数1件が記録されます。


最初に申込みした会社に断られ、2件目・3件目に申込みすれば上記と同じことになりますので、あなたの申込み記録はどんどん件数が多くなります。


件数が多くなると、金融会社は不審な申込みや、かなり借り急いでいると判断し、融資は断られることにつながるのです。では、属性が低く審査に通る自信がない人はどうすれば一番良いのか?それは断られる確立が低い金融業者に申込みすることです。大手・中堅・中小とかの規模レベルではなく、そこの審査基準であれば融資の可能性が高い会社に申込みすることで断られる確立はかなり低くなると言えます。



今回は信用情報を汚さず(申し込み件数が記録されない)借りれるか判断できる簡易審査について書いていきます。

【借入審査複数申込みする前に】の続きを読む

テーマ : クレジット、キャッシング、ローン
ジャンル : 株式・投資・マネー

キャッシングは年収ですべてが決まるのか?


キャッシングする場合、年収によって借入の可否が決まると思っている人がちらほらいます。初めて借りる時はなにを基準に審査しているのか分からないので年収によってある程度決まってしまうと考えることは普通の事なのかもしれませんが、厳密に言えば、半分当たって、半分外れています。


当たっていると言った部分は、平成22年より総量規制が実施されていますので、借入は年収の3分の1と貸金業法で決められてしまいました。その為、年収が少ない人は借りれる金額も自動的に少なくなってしまうのです。借金が0円の人でも年収が200万円であれば、1/3の60万円しか借りられないのです。その部分は年収で決まると言っても良いでしょう。


しかし、キャッシングの審査はすべてが年収で決まる訳でもなく、それ以外の項目によって決裁が出ます。審査項目の中だけで見た場合、年収はただ一つの項目だけであって、審査の重要度からすればそこまで高くは無いのです。


今回はキャッシングにおける年収と審査の関係について書いていきます。

【キャッシングは年収ですべてが決まるのか?】の続きを読む

テーマ : 銀行系カードローン
ジャンル : ファイナンス

キャッシング増額審査【限度額を上げる方法】

キャッシング増額審査

キャッシングには限度額を上げる増額というものがあります。例えば、新規契約時に50万円を借りて、それ以上に借りたい場合は、限度額50万円以上の枠を設定してもらえなければ借りることはできない為、限度額(枠)を引き上げてもらう増額をしてもらう必要があります。


増額のメリットとしては、新たにキャッシングを1件借りる必要は無く、借入の件数が増えないことです。キャッシングは件数が増えてくれば、返済の手間もかかることから、できるだけ借入件数は少ない方が便利なのです。又、精神的にも、3件借りている状態よりも、1件だけ借りていた方が楽な部分もあります。


キャッシングの増額は誰でも簡単にできるわけではありません。当然に増額の審査が必要となり、その審査に通過しなければ限度額を上げてもらうことはできないのです。


では、キャッシングの増額審査とは厳しいのか?審査はどのような点を見るのか?限度額を引き上げる増額の審査について今回は書いていきます。

【キャッシング増額審査【限度額を上げる方法】】の続きを読む

テーマ : キャッシング
ジャンル : ファイナンス

キャッシング審査通過する人と通過しない人

キャッシング審査

キャッシングの審査には通過する人と、通過しない人に分かれます。どのような人がキャッシング審査を通過するのか?逆に、どのような人がキャッシング審査が通過できないのか?キャッシング会社の審査はその判断基準は明確に示されているわけではありません。


しかしながら、審査には必ず基準があり、審査通る人は、その基準に沿った内容で、落ちるひとは、基準に達していなかったことが原因なのです。審査には事細かい基準がありますが、融資を受けれる人と受けれない人では違いがあることは確かなのです。


今回は大まかですが、キャッシング審査に通過する人と、通過しない人の違いについて書いていきます。

【キャッシング審査通過する人と通過しない人】の続きを読む

テーマ : キャッシング
ジャンル : ファイナンス

即日審査で選ぶキャッシングランキング!

ランキング画像

キャッシング先を選ぶときの選考基準として、即日審査があります。キャッシングをする場合、低金利と即日審査(即日融資)が重要なポイントになることは間違いありません。


キャッシングの種類は銀行カードローンが個人向け融資に参入してから多くなり、法律改正も伴い、キャッシングカードローンは一段と低金利化と独自サービスの付加により、他のキャッシングと差別化を図ろうと各社努力しています。


借りる方からすれば低金利化と無利息・利便性のサービス向上は嬉しい限りですが、今のキャッシングは総量規制の影響で審査自体は厳しくなっており、2件、3件目の借入から極端に借入できる確率は減ってきています。


自分自身が借入可能なのか?その結果を知るのは審査結果のみです。審査結果に数日かかるのは今のキャッシング市場の中では極めて遅いとも言えます。それ程多くのキャッシングカードローンは審査時間短縮を目指し、最短即日審査により新規顧客を獲得しようとしており、低金利化と伴に、即日審査はキャッシングの重要な選択肢ともなっています。


今回は即日審査可能なキャッシングをランキングでご紹介します。

【即日審査で選ぶキャッシングランキング!】の続きを読む

テーマ : 即日融資
ジャンル : ファイナンス

アイフルの審査・評判・特長とは?

長引く不況、貸金業法改正・総量規制導入により、今キャッシング・カードローンはノンバンクの貸金業者にとって非常に厳しい時代となっています。一般的なイメージで不況ならキャッシングカードローン業者にとっては申込みが増えるから良いのではないか?と聞かれることがありますが、それは全く違います。不況によるリストラ・就職難は返済不能者を生み、貸し倒れリスクは上昇します。一向に上がらない給料なら消費は抑えることにつながり、結果、キャッシング・カードローンの申し込みも控えるのが当然と言えば当然なのです。


給料が右肩上がりに増えていくのであれば多少のキャッシングでも返済する目途は立つものですが、今の経済状況で今後増えていく給料を見据えて借りる人などほとんどいないのではないでしょうか?話がそれてしまいましたが、上限金利引き下げも含め大手銀行傘下の消費者金融会社も今後の貸金業の展開についてかなりの企業努力をしていることは間違いありません。


そのような貸金業の状況で今注目はアイフルのカードローンです。全盛期のアイフルはグループ全体の消費者貸付残高はNo.1でした。アイフルの審査・即日融資のノウハウは消費者金融のトップレベルと言っても良いと思います。


厳しい市場の中、今再びアイフルが注目されている理由とは?今回はアイフルの特長を商品内容と一緒に書いていきます。

【アイフルの審査・評判・特長とは?】の続きを読む

テーマ : 審査通りやすい金融
ジャンル : ファイナンス

キャッシング審査する前に確認しておくこと

審査前の画像

総量規制導入後、キャッシングの審査は厳しくなっているとよく言われます。確かに貸金業法改正前と改正後では大手消費者金融の成約率(融資率)は約20%程の開きが出ており、昔は成約率約60%前後だったのが、現状は約40%前後まで低下しています(H25年3月時点)。改正当時は30%台だったのが、約3年間で現状40台%に上がったことはの各消費者金融会社の審査基準の見直し等の成果だとも言えます。


大手消費者金融で40%台前後であれば、それよりも規模の小さい中堅では約20%、中小・零細消費者金融では10%台の成約率とも言われており、貸金業法改正により審査が厳しくなったことはある意味事実とも言えます。


そのような厳しい状況の中、何も知識が無いまま申込みするのと、ある程度貸金業法を知った上で申込みするのとでは少なからず審査結果は違ってくるはずです。


今回はキャッシングの審査をする前に確認しておく大事な項目について説明していきたいと思います。

【キャッシング審査する前に確認しておくこと】の続きを読む

テーマ : 審査通りやすい金融
ジャンル : ファイナンス

主婦でも借りれるキャッシング・カードローン

2010年6月の貸金業法改正にて、総量規制が導入されたことで借入は原則年収の3分の1迄しかできなくなりました。この総量規制で最も影響を受けたと言われているのは自身の収入が0円の専業主婦と言われています。


総量規制導入前であれば、申込者の申告による配偶者の所得を返済能力の基準として見ていましたが、総量規制後は配偶者の所得を年収3分の1の計算に入れるには配偶者の同意と配偶者の所得証明が必ず必要となりました。配偶者貸付に必要な書類は「配偶者の同意書」、配偶者との婚姻関係を示す書類(住民票又は戸籍抄本。事実上の婚姻関係の場合、住民票(続柄に、「夫(未届)」、「妻(未届)」など、未届の配偶者である旨の記載があるもの))、(一定金額以上の場合)配偶者の年収を証明する書類となります。


配偶者の同意書により、配偶者も信用情報機関に照会され、配偶者の年収と申込み人の年収を合算した収入の、3分の1迄借入は可能になります(配偶者に借入があればその負債も3分の1の計算に含まれます)。しかし、当然これは配偶者に内緒でできるわけではありませんので、夫に内緒で収入0円の専業主婦がキャッシングやカードローンを借りることは、あることを除いては不可能になったと言えます。


専業主婦ではなく、パートやアルバイとをしている主婦に関しては、その収入の3分の1まで融資は可能です。パートやアルバイトでも1年以上勤務していれば安定的な収入と見られるのです。


今回は収入0円の専業主婦が夫に内緒でキャッシング・カードローンをする方法と、パートなどの収入がある主婦が借りれるカードローンについて説明していきます。

【主婦でも借りれるキャッシング・カードローン】の続きを読む

テーマ : 【女性必見】レディース専用★キャッシング情報
ジャンル : ファイナンス

カードローン審査基準

カードローンを申込みする場合、自分が借りれるのか、借りれないのか気になるところです。カードローン会社それぞれに審査基準は違いますが、根本的な基本審査はどこの会社でもある程度同じなんです。


今回はカードローンの審査基準について書いていきたいと思います。
※あくまで管理人の見解のため、根拠は何もありません。参考程度にしてください。



【カードローン審査基準】の続きを読む

テーマ : カードローン
ジャンル : ファイナンス

キャッシング審査基準

キャッシングする際、自分は審査に通るのか?けっこう気になると思います。というのも、キャッシングする場合は緊急性がけっこう多く、もし断られた時に時間と次の工面の方法で困る場合があるからだと思います。

今回はキャッシングの審査基準について簡単にご紹介します。


【キャッシング審査基準】の続きを読む

テーマ : クレジット、キャッシング、ローン
ジャンル : 株式・投資・マネー

借りれる金融会社とは?

キャッシングするにあたって、よく借りれるキャッシング先というキーワードを見かけます。確かに金融会社によって審査基準は異なりますが、どの金融会社が確率高く借りれるのか?これについて書いていきたいと思います。

【借りれる金融会社とは?】の続きを読む

テーマ : クレジット、キャッシング、ローン
ジャンル : 株式・投資・マネー

キャッシングおすすめランキング
プロミス

キャッシングおすすめ1位はプロミス!最短30分審査と平日14時までにWEB契約完了すれば即日融資可能!最短で1時間融資もOK!メールアドレスとWEB利用明細の登録で30日間無利息サービスもあり、キャッシングする人の多くに選ばれている人気カードローンです。


SMBCモビット

モビットの特徴はWEB完結によって、電話連絡なし・郵送物なしで借入できることです。キャッシングすると誰かに知られる不安がありますが、モビットなら鉄壁のプライバシー保護にって、誰にも知られずに借りることが可能です!初めての人にはおすすめしたい1枚です。


アコム

今すぐにでも借りたいならアコム!審査スピードは業界最速の最短30分!自動契約機も多数あるので銀行時間外でも最短即日融資が可能!

よく読まれている記事
キャッシング最新記事
キャッシングカテゴリ
キャッシングリンク
月別アーカイブ
運営者情報
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告