キャッシングカードローンを比較・解説!

キャッシングカードローンタイプ別比較No.1

2010年6月18日に改正貸金業法は完全施行され、大きな柱として「上限金利の引下げ」「総量規制」が導入されました。グレーゾーン金利は廃止となり、上限金利は年20%、そして総量規制年収の3分の1以上の借入は原則できません。今後、突然借入ができなくなる可能性もある為、自分自身でキャッシング・カードローンの内容を理解し、総量規制を知ることが必要な時代になります。当サイトはキャッシングカードローン比較とともに改正貸金業法についても書いていきます。

トップページ > 借り換えローン

キャッシング借り換え審査のポイント

キャッシング借り換えの画像

キャッシングでは今借り換えローンが人気となっています。その理由は、2010年6月から年収の3分の1を超える貸付を禁止とした総量規制が導入されたことで、キャッシングできる金額は年収の3分の1までと制限されたことが大きいと言えます。


この制約は新規借入だけに適用されるわけでは無く、今現在利用中の人にも適用されることから、借入が年収の3分の1を超えたことが判明した時点で貸金業者は追加借入の停止措置を取らなければならず、いままで限度額内で繰り返し利用できていた人も突然追加のキャッシングができなくなる事態が発生します。


貸金業者はあくまで法律に沿って追加停止をしており、電話等でしつこくお願いしたところで追加利用ができることはありません。今まで追加借入で返済の足しにしていた人などは、追加利用を止められたことにより、キャッシングローンの返済がより一層厳しくなったと感じます。


追加利用ができない返済のみになった場合、多くの人が考えることは低金利に借り換えして利息を軽減したい、月々の返済負担を減らしたいと思うのです。


返済しかできないのであれば低金利で返済していきたいと思うことは当然です。そのような理由からキャッシングの借り換えローンが今人気の商品となっているのです。


今回はキャッシングの借り換えの審査ポイントについて書いていきます。

【キャッシング借り換え審査のポイント】の続きを読む

テーマ : キャッシング
ジャンル : ファイナンス

借り換えローンで選ぶなら三井住友銀行カードローン!

三井住友銀行カードローンLP画像

消費者金融で借りていて、低金利へ借り換えしたい場合、どこに申込みすればよいのか?低金利な借り換えローンがどこなのか、分からない人も多いと思います。


仮に消費者金融で50万円を借りていた場合、金利は約18%、100万円の場合は金利15%となっている人がほとんどです。この金利を借り換えローンで下げたい場合、消費者金融へ申込みしても一般的なフリーローンであれば金利はほとんど下がりません。


消費者金融の借り換え専用ローンは契約内容がフリーローンに比べて厳しくなっている為、借り換えすることによってデメリットが出る場合も想定されます。では、消費者金融の借入を低金利で借り換えするならどこに申込みするのか?答えは銀行カードローンです。


銀行カードローンは消費者金融と比べれば低金利となっており、借り換え以外にも事業性資金以外ならば利用使途は原則自由となっています。そして貸付はフリーローンとして融資する場合が多いので、借り換えローンとしての消費者金融のような契約内容が厳しくなることもありません。


今回は借り換えローンとしておすすめな三井住友銀行カードローンの審査・口コミ・評判などを書いていきます。

【借り換えローンで選ぶなら三井住友銀行カードローン!】の続きを読む

テーマ : カードローン
ジャンル : ファイナンス

キャッシング金利を下げる方法!低金利へ借り換え!


キャッシングの金利を下げる方法はいくつかあります。

1.優良顧客への増額時等に金利を下げる。
2.100万円以上の限度額に引き上げ法定上限金利15%以下にする。
3.複数借入のおまとめローンで金利を引き下げる。
4.借り換えローンで金利を引き下げる。


簡単に言えば上記の4つとなりますが、難しい順番は1⇒2⇒3⇒4となり、最も難しいのは優良顧客として限度額を大きく引き上げせずに金利だけ引き下げる方法です。


キャッシング会社は利息収入が売上に当たりますので、金利引き下げは本音としてはしたくないのです。しかし、短期間だけ利用している人と、長期間3年以上利用している人とでは、当然貰っている利息は全然桁が違います。5年以上取引していて、延滞も1度も無い優良顧客には金利を引き下げしてでも、そのまま取引を継続してもらった方がキャッシング会社としてはありがたいのです。


金利を引き下げる場合、多くは限度額を上げることで金利を引き下げします。それは、法定上限金利が100万円未満は上限18%ですが、100万円以上は上限15%以下と3%下がるため、必ず3%は下げないと法律違反となってしまいます。しかし、利用者であまり知識がない人は限度額100万円で金利が18%⇒15%に引き下げてもらえて有難いと思っているかもしれませんが、100万円以上は年15%が上限金利となるので、実はその金額で1番高い金利設定になっているのです。


複数借り換えのおまとめローンで金利を引き下げるのもその要素が強く(複数の18%を15%へ下げるだけで大きな軽減になる為)、本当の意味での金利を下げるのであれば、1社又は2社等の少数社を借り換えローンとして金利を引き下げることがおすすめと言えます。


金利を引き下げる方法としては借り換えローンが最も難易度が低く、低金利のキャッシング会社の審査に通れば借り換えすることは、そこまで難しくありません。今回は借り換えローンでキャッシング金利を下げる方法として、三井住友カードゴールドローンをご案内します。

【キャッシング金利を下げる方法!低金利へ借り換え!】の続きを読む

テーマ : キャッシング
ジャンル : ファイナンス

借り換えローンを選ぶなら銀行カードローンへ!


借り換えローンはここ数年で人気のローンとなっています。その理由は銀行が個人向け融資に積極参入してきたことで、低金利で借り換えが可能になった点、そして総量規制の影響で、銀行カードローンへの申込みの増加、また、消費者金融会社での総量規制例外貸付となる、借り換えでの貸付が主な要因と考えられます。


借り換えローンは以前までは審査が厳しい印象がありましたが、銀行カードローンの参入と総量規制によって、今は昔ほど審査は厳しくありません。借り換えローンはメリットが非常に高いローンとなりますので、借入金額が高額な人、利便性やATM手数料が無料などの目的で借り換えしたい人にとっては良い選択肢とも言えます。


今回は借り換えローンのメリット・デメリットとともに、おすすめの借り換えローンをご紹介します。

【借り換えローンを選ぶなら銀行カードローンへ!】の続きを読む

テーマ : 銀行系カードローン
ジャンル : ファイナンス

キャッシングおすすめランキング
プロミス

キャッシングおすすめ1位はプロミス!最短30分審査と平日14時までにWEB契約完了すれば即日融資可能!最短で1時間融資もOK!メールアドレスとWEB利用明細の登録で30日間無利息サービスもあり、キャッシングする人の多くに選ばれている人気カードローンです。


SMBCモビット

モビットの特徴はWEB完結によって、電話連絡なし・郵送物なしで借入できることです。キャッシングすると誰かに知られる不安がありますが、モビットなら鉄壁のプライバシー保護にって、誰にも知られずに借りることが可能です!初めての人にはおすすめしたい1枚です。


アコム

今すぐにでも借りたいならアコム!審査スピードは業界最速の最短30分!自動契約機も多数あるので銀行時間外でも最短即日融資が可能!

よく読まれている記事
キャッシング最新記事
キャッシングカテゴリ
キャッシングリンク
月別アーカイブ
運営者情報
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告