キャッシングカードローンを比較・解説!

キャッシングカードローンタイプ別比較No.1

2010年6月18日に改正貸金業法は完全施行され、大きな柱として「上限金利の引下げ」「総量規制」が導入されました。グレーゾーン金利は廃止となり、上限金利は年20%、そして総量規制年収の3分の1以上の借入は原則できません。今後、突然借入ができなくなる可能性もある為、自分自身でキャッシング・カードローンの内容を理解し、総量規制を知ることが必要な時代になります。当サイトはキャッシングカードローン比較とともに改正貸金業法についても書いていきます。

ソニー銀行の特徴とメリットってなに?

ソニー銀行のキャプチャ

ネット専業銀行というと、親会社は金融系企業か流通系企業になっていますが、唯一家電業界の企業を親会社に持つのが「ソニー銀行」です。


ソニー銀行はソニーの子会社である「ソニーフィナンシャルホールディングス」によって運営されています。ソニーフィナンシャルホールディングスの3本柱がソニー銀行、ソニー生命、ソニー損保です。

【ソニー銀行の特徴とメリットってなに?】の続きを読む

テーマ : 銀行(全国の銀行カード一覧)
ジャンル : ファイナンス

キャッシング初めてのおすすめ会社

キャッシングおすすめ

初めてキャッシングする時、どこが一番おすすめで安全なのか?一番早く借りれる会社は?低金利な会社は?いろいろと考えると思います。一つだけ言っておきますと、キャッシング適用利率は100万円未満であればどこでも17%~18%でほとんど変わりません。どうしても低金利を優先にしたいのであれば銀行カードローンをオススメします。銀行カードローンは適用金利が平均14%~15%となっており、金利だけで見れば一番お得といえるでしょう。


しかし、金利以外の優先度がある場合は銀行カードローンよりもノンバンクでキャッシングしたほうがメリットはかなりあるとも言えます。例えばどうしても今日中に現金が欲しい場合や審査が早い会社を探している場合。そして何より内緒でキャッシングする時に契約書などの書類を自宅に郵送されず借りたい場合など。そんな時は銀行カードローンよりもノンバンクの貸金業者の方が希望に沿った借り入れができることが多く、おすすめと言えます。


今回は銀行カードローンとノンバンクの貸金業者で初めて借りるときのおすすめなキャッシング会社を借りる目的ごとに分けてご案内します。厳選して掲載していますので、ここに掲載があるローンはすべておすすめ+誰もが満足するキャッシング先と言えるでしょう。

【キャッシング初めてのおすすめ会社】の続きを読む

テーマ : クレジット、キャッシング、ローン
ジャンル : 株式・投資・マネー

静岡銀行カードローン【セレカ】の審査と評判


貸金業法に総量規制が導入されてから、総量規制対象外となる銀行カードローンは今最も注目を浴びているカードローンと言えます。


銀行カードローンは大手メガバンク発行のカードローンから地方銀行が発行しているカードローンまで様々ですが、地方銀行カードローンもメガバンクのカードローンも金利的にはほとんど変わらず、むしろ地方銀行カードローンはその低金利と審査性により穴場的なカードローンと言っても良いと思われます。


今回紹介する、静岡銀行カードローンセレカに関しては、もともと静岡県・愛知県を中心に地域限定で申込みを受けていましたが、当時からカードローンのスペックは非常に高く、口コミでも評判になっていました。


そのセレカがさらにスペックアップして、全国対応になったのです。まだまだ知名度はメガバンクカードローンの方が圧倒的に高いのは間違いありませんが、正直カードローンの内容としては、静岡銀行の方が上回ってる点がいくつもあります。


今回は静岡銀行カードローン【セレカ】の特長と商品内容について詳しく書いていきます。「銀行カードローンは大手の方が良いに決まってる!」と思っている人は、きっと考え方が変わるかもしれません(笑)

※静岡銀行カードローンのインターネット申込みは全国どこからでもお申し込みいただけます。

【静岡銀行カードローン【セレカ】の審査と評判】の続きを読む

テーマ : 銀行系カードローン
ジャンル : ファイナンス

銀行カードローンは金利が低い!


カードローンを選ぶ場合、金利を第一優先で考えるのであれば、銀行カードローンにするべきです。カードローンには大きく分ければ以下の種類があります。

【キャッシング・カードローンの種類】
・銀行系(銀行グループ会社・子会社)カードローン
・消費者金融カードローン
・クレジット会社カードローン
・信販会社カードローン
・銀行(銀行本体)カードローン

この中で一番金利が低い(安い)のは銀行カードローンとなります(一部例外もありますが)。通常のカードローン(100万円未満)の平均適用金利は約17%~18%に対し、銀行カードローンの平均適用金利は約15%以下となっています。


例えば、通常のカードローンとして50万円を年率18%で借りた場合、1か月(30日間)の利息は7,397円です。
銀行カードローンで50万円を年率14.5%で借りた場合、1か月(30日間)の利息は5,958円となり、差額は1,439円にもなるのです。これはあくまで50万円の場合の為、50万円以上であれば差額はさらに大きくなることになります。


銀行カードローンの金利は通常のカードローンに比べ約3%低い・安い(あくまで平均です)ことを説明しましたが、必ずしも銀行カードローンがお得になるわけではありません。例えば、1か月~2か月の短期しか利用しない場合であれば銀行カードローンよりも、無利息サービスがある銀行系カードローンや消費者金融系カードローンの方が支払い金額は一番少なくなります。


カードローンは利用の目的によって決めるのが一番とも言えます。今回は金利優先として、おすすめのみずほ銀行カードローン、三菱東京UFJ銀行カードローンと新生銀行カードローンレイク、クレジット会社三井住友カードゴールドローン、銀行系としてアコム、そして無利息サービスのある銀行系カードローンとしてプロミスをご紹介します。クレジットカードからは三井住友VISAカード エブリプラスをご案内します。


(最終更新日:平成28年8月2日)

【銀行カードローンは金利が低い!】の続きを読む

テーマ : 銀行系カードローン
ジャンル : ファイナンス

キャッシング借り換え審査のポイント

キャッシング借り換えの画像

キャッシングでは今借り換えローンやおまとめローンが人気となっています。その理由は、2010年6月から年収の3分の1を超える貸付を禁止とした総量規制が導入されたことで、キャッシングできる金額は年収の3分の1までと制限されたことが大きいと言えます。


この制約は新規借入だけに適用されるわけでは無く、今現在利用中の人にも適用されることから、借入が年収の3分の1を超えたことが判明した時点で貸金業者は追加借入の停止措置を取らなければならず、いままで限度額内で繰り返し利用できていた人も突然追加のキャッシングができなくなる事態が発生します。


貸金業者はあくまで法律に沿って追加停止をしており、電話等でしつこくお願いしたところで追加利用ができることはありません。今まで追加借入で返済の足しにしていた人などは、追加利用を止められたことにより、キャッシングローンの返済がより一層厳しくなったと感じます。


追加利用ができない返済のみになった場合、多くの人が考えることは低金利に借り換えして利息を軽減したい。おまとめして月々の負担を減らしたいと思うのです。


返済しかできないのであれば低金利で返済していきたいと思うことは当然です。そのような理由からキャッシング借り換えやおまとめローンが今人気の商品となっているのです。


今回はキャッシング借り換えの場合の審査ポイントについて書いていきます。

【キャッシング借り換え審査のポイント】の続きを読む

テーマ : キャッシング
ジャンル : ファイナンス

銀行カードローン即日融資で借りるならどこを選ぶべき?

銀行カードローン即日融資の画像

カードローンの種類は、消費者金融、クレジット会社のキャッシング専用カードローン、信販会社、そして銀行のカードローンがあり、多種多様になっています。今は圧倒的に銀行カードローンの方がスペックが高くなっており、少しでも金利を低く抑えたい人や利息を安くしたい人は間違いなく銀行が発行しているカードローンを第一候補としています。


すこし前までは低金利なら銀行カードローン、審査や融資の早さなら消費者金融というのが定石でしたが、今は銀行カードローンでも審査の早さ、融資までの日数は消費者金融と変わらないものも出てきています。


そこで、悩むのは、どこの銀行カードローンが審査が早く、最短即日融資が可能なのか?銀行は消費者金融よりも低金利なのは多くの人が知っていますが、最短即日で借りられる銀行カードローンがどこなのかは、あまり詳しくない人が多いと思います。


そこで、今回は、銀行カードローンを最短即日で借りるなら、どこを選ぶべきなのか?メガバンクのカードローンから、最短即日融資ができる、おすすめ銀行カードローンをご紹介します。

【銀行カードローン即日融資で借りるならどこを選ぶべき?】の続きを読む

テーマ : 銀行系カードローン
ジャンル : ファイナンス

みずほ銀行カードローン審査とネット上での口コミ・評判

みずほ銀行カードローン画像

銀行カードローンには、地方銀行を含めればかなり多い数のローンがありますが、やはり利用者が多いのはメガバンクの銀行カードローンです。みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行のカードローンがありますが、金利だけでみれば、一番の低金利はみずほ銀行カードローンとなります。


【メガバンクのカードローンの金利】

メガバンクカードローン金 利
みずほ銀行コンフォート
3.5%~14.0%
三井住友銀行4.0%~14.5%
三菱東京UFJ銀行1.8%~14.6%

みずほ銀行(コンフォートプラン)は、最高金利(上限金利)において1番低金利となっており、特に上限金利14.0%は低金利を望む利用者にとっては、非常に嬉しい金利と言えるでしょう。


上限金利が14.0%と言うことは、審査に通れば必ず14.0%以下の金利で借りられるということです。借りる金額が10万円であろうが、20万円であろうが、14.0%で借りることができるのは大きなメリットです。


ちなみに消費者金融の場合は、100万円以下で融資を受けた場合、金利は17.8%~18.0%になることが、ほとんどですので、みずほ銀行と比較すれば、約4.0%の金利の開きがあるのです。


今回はメガバンクのみずほ銀行カードローンの審査とネット上の口コミ評判を解説していきたいと思います。

【みずほ銀行カードローン審査とネット上での口コミ・評判】の続きを読む

テーマ : カードローン
ジャンル : ファイナンス

消費者金融の金利上限っていくらなの?

消費者金融金利上限の画像

キャッシングで消費者金融の金利を見たとき、4.5%~18.0%などの金利で表示されていますが、そもそも、消費者金融の金利の上限っていくらなの?という質問をたまにされます。


金利の上限とは、法律上取っても良い最高の金利という意味ですが、これは貸金業法で下記の通りしっかりと定められています。

【消費者金融の金利上限範囲】
・貸付金が10万円未満の場合は、年20%まで
・貸付金が10万円以上~100万円未満の場合は、年18%まで
・貸付金が100万円以上の場合は年15%まで
上記のように決まっています。

その為、消費者金融で上限いっぱいに金利をしても年20%までとなっていますが、金額が10万円以上となれば、年18%まで、100万円以上は15%までと、金額によって、上限金利は変わってくるのです。


この金利はあくまで貸付を業として行う場合となり、個人間の貸し借りであれば、出資法金利は109.5%が上限となっています。しかし、これはそれ以上取ると刑事罰になるというラインであって、個人間でも利息制限法を盾に争えば、貸金業法と同じ10万円~100万円以下は18%となり、それ以上の利息は無効で、返還になる場合があるでしょう。


また、金利(利息)に対して定めがなく、支払期日を過ぎている場合は法定金利の年5%が付くことになっています。


このように、金利(利息)は、多くの定めがあり、一般の人は分かりにくいと思います。今回は消費者金融から借りる場合としての、金利の上限について書いていきます。

【消費者金融の金利上限っていくらなの?】の続きを読む

テーマ : 消費者金融
ジャンル : ファイナンス

プロミス・アコムは限度額(枠)内で繰り返し借入できるのか?

プロミスとアコムは限度額内で繰り返し借入できるのか?トップ画像

タイトルの、プロミス・アコムは限度額内(枠)内で繰り返し借入できるのか?とは、基本的すぎて今更感がありますが、初めてキャシングする人が質問する事項に、これが入っているらしいので、説明がてら記事を書くことにしました。


結論から先に言えば、プロミスもアコムも決められた限度額内で何度も繰り返し借入ができます!しかしながら、借入するには一定の条件が当然必要です。


例えば、支払が遅れているのに、追加借入ができたらおかしいですよね?他にも、総量規制の年収3分の1以上借金があるのに、プロミス・アコムで借入ができれば、法律違反となってしまいます。これらは最低限のルールであり、多くの人は知っていると思っていましたが、まったくキャッシングをしたことが無い人は、いろいろと分からないことが沢山あるみたいです。


今回は初心者にも分かり易いように限度額内での追加借入について書いて行こうと思います。

【プロミス・アコムは限度額(枠)内で繰り返し借入できるのか?】の続きを読む

テーマ : 消費者金融
ジャンル : ファイナンス

キャッシングおすすめランキング
プロミス

キャッシングおすすめ1位はプロミス!最短30分審査と平日14時までにWEB契約完了すれば即日融資可能!最短で1時間融資もOK!メールアドレスとWEB利用明細の登録で30日間無利息サービスもあり、キャッシングする人の多くに選ばれている人気カードローンです。


みずほ銀行

みずほ銀行の金利は※年3.0%~7.0%【エグゼクティブプラン】で上限金利は銀行カードローンでもMAX低金利となる年7.0%!この低金利でおまとめローンや借り換えローンをすれば利息の発生は大きく違ってきます。もちろんフリーローンとしてもスペックは非常に高く、最短即日審査に加えて200万円まで収入証明書不要となっています。
※住宅ローンのご利用で、金利を年0.5%引き下げます。表示の金利は引き下げ適用後の金利です。


三井住友銀行カードローン
三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンは業界の中でも低金利!金利4.0%~14.5%、限度額最高800万円でおまとめローン・借り換えローンもOK!限度額300万円以下は収入証明書不要で借りられます!最短即日審査可能なおすすめの銀行カードローンです。

よく読まれている記事
キャッシング最新記事
キャッシングカテゴリ
キャッシングリンク
月別アーカイブ
運営者情報
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告