キャッシングカードローンを比較・解説!

キャッシングカードローンタイプ別比較No.1

2010年6月18日に改正貸金業法は完全施行され、大きな柱として「上限金利の引下げ」「総量規制」が導入されました。グレーゾーン金利は廃止となり、上限金利は年20%、そして総量規制年収の3分の1以上の借入は原則できません。今後、突然借入ができなくなる可能性もある為、自分自身でキャッシング・カードローンの内容を理解し、総量規制を知ることが必要な時代になります。当サイトはキャッシングカードローン比較とともに改正貸金業法についても書いていきます。

キャッシング初めてのおすすめ会社

キャッシングおすすめ

初めてキャッシングする時、どこが一番おすすめで安全なのか?一番早く借りれる会社は?低金利な会社は?いろいろと考えると思います。一つだけ言っておきますと、キャッシング適用利率は100万円未満であればどこでも17%~18%でほとんど変わりません。どうしても低金利を優先にしたいのであれば銀行カードローンをオススメします。銀行カードローンは適用金利が平均14%~15%となっており、金利だけで見れば一番お得といえるでしょう。


しかし、金利以外の優先度がある場合は銀行カードローンよりもノンバンクでキャッシングしたほうがメリットはかなりあるとも言えます。例えばどうしても今日中に現金が欲しい場合や審査が早い会社を探している場合。そして何より内緒でキャッシングする時に契約書などの書類を自宅に郵送されず借りたい場合など。そんな時は銀行カードローンよりもノンバンクの貸金業者の方が希望に沿った借り入れができることが多く、おすすめと言えます。


今回は銀行カードローンとノンバンクの貸金業者で初めて借りるときのおすすめなキャッシング会社を借りる目的ごとに分けてご案内します。厳選して掲載していますので、ここに掲載があるローンはすべておすすめ+誰もが満足するキャッシング先と言えるでしょう。

【キャッシング初めてのおすすめ会社】の続きを読む

テーマ : クレジット、キャッシング、ローン
ジャンル : 株式・投資・マネー

レイクALSAは何が変わったのか?審査や金利は?

レイクアルサ

新生銀行カードローンレイクは2018.年3月31日で新規受付を終了し、2018年4月1日より、レイクALSAとして新たに貸付を開始しました。銀行カードローンのレイクと、レイクALSAは何が違うのか?分かり易く説明していきたいと思います。


まず最初に、以前のレイクは新生銀行カードローンの商品名でした。そして、新生銀行が貸付をしていましたので、銀行カードローンとなります。そして、今回のレイクALSAは新生フィナンシャル(株)が貸付をしており、新生フィナンシャルは銀行ではありませんので、新しいレイクALSAは貸金業者が貸付するカードローンと言うことになります。


銀行カードローンと貸金業者のカードローン(以後消費者金融にします)では何が変わるのかと言えば、適用される法律が変わるのです。新生銀行カードローンレイクが、わざわざ新生フィナンシャルから消費者金融として立場を変えて貸付をスタートしたのは、これが一番の原因になります。

【レイクALSAは何が変わったのか?審査や金利は?】の続きを読む

テーマ : 消費者金融
ジャンル : ファイナンス

事故情報があっても融資可能?

キャッシングやカードローン・消費者金融検索時に良く出ているキーワード「ブラック」。ブラックとは延滞や債務整理(任意整理・特定調停・民事再生・破産)、貸金業者から訴訟を起こされたなど、多数ありますが簡単に言えば信用情報の事故情報のことを指します。


一度事故情報が登録されると5年間は消えることが無く、その間キャッシングやローンを組むことは非常に厳しくなります。しかし、事故情報があっても融資している金融会社はあるんです!事故情報にもいろいろと種類があり、異動だからと言って絶対に借入ができない訳ではありません。


事故情報の人が借入するのは非常に厳しいことには変わりありませんが、借入可能な人と借入ができない人に分けて説明したいと思います。

【事故情報があっても融資可能?】の続きを読む

テーマ : クレジット、キャッシング、ローン
ジャンル : 株式・投資・マネー

借入審査複数申込みする前に

キャッシングの審査で一度断られると次に申込みする場合、また断られた時のことを考え、2件や3件同時に申し込みする人もいると思います。しかし、借入の審査へ複数何件も申込みするのは逆に借入が不利になり、ますます融資を受けられなくなります。


あなたが申込みをする⇒金融会社は信用情報機関へあなたの借金の金額を調査する為に照会します⇒照会の目的として融資の申込みがあった区分で照会しますので、この時点であなたの信用情報に申し込み件数1件が記録されます。


最初に申込みした会社に断られ、2件目・3件目に申込みすれば上記と同じことになりますので、あなたの申込み記録はどんどん件数が多くなります。


件数が多くなると、金融会社は不審な申込みや、かなり借り急いでいると判断し、融資は断られることにつながるのです。では、属性が低く審査に通る自信がない人はどうすれば一番良いのか?それは断られる確立が低い金融業者に申込みすることです。大手・中堅・中小とかの規模レベルではなく、そこの審査基準であれば融資の可能性が高い会社に申込みすることで断られる確立はかなり低くなると言えます。



今回は信用情報を汚さず(申し込み件数が記録されない)借りれるか判断できる簡易審査について書いていきます。

【借入審査複数申込みする前に】の続きを読む

テーマ : クレジット、キャッシング、ローン
ジャンル : 株式・投資・マネー

アイフルかりかえMAXは総量規制例外融資!


総量規制対象外については他記事で何度も説明してきました。総量規制(貸金業法)の適用を受けないのは、銀行カードローンとなりますが、銀行ではない消費者金融でも、申込可能なところがあることを知っていますか?


銀行カードローンは消費者金融に比べ、どうしても審査が厳しい・審査時間が遅い・即日融資対応に劣る等のイメージがあり申込みするのに不安を感じる人も多いと思います。総量規制には、総量規制除外貸付・総量規制例外貸付があり、今回紹介するアイフルのかりかえMAXは総量規制例外貸付商品として、消費者金融でも申込みが可能となっています。


実質年率も金利3.0%~17.5%と割と低金利の為、銀行カードローンと並行してお申込みすることをお勧めいたします。


アイフルかりかえMAXのおすすめポイント・商品性を銀行カードローンと比較してご案内いたします。

【アイフルかりかえMAXは総量規制例外融資!】の続きを読む

テーマ : 消費者金融
ジャンル : ファイナンス

低金利で借りるなら三井住友カードゴールドローンへ!

三井住友カードゴールドローン

キャッシングを低金利で借りようと思っても、どこのキャッシングへ申込みすれば低金利で借りれるのか?初めて借りる人は正直分かりづらいと思います。


キャッシングで有名なのはプロミスやアコムなどの銀行系消費者金融大手だと思いますが、例えば50万円キャッシング希望でプロミスやアコムに申込みして借りた場合、ほとんどの人は金利17.8%~18%となります。


金利18%が高いか低いかは別として、18%よりも低金利でキャッシングしようとするなら、銀行カードローンが低金利となります。銀行カードローンで有名なのは三菱UFJ銀行カードローンですが、三菱UFJ銀行カードローンで50万円を借りた場合は金利13.6%~14.6%となり、プロミスやアコムよりも3%以上金利は低くなります


しかし、金利は低ければ低いほど利息は安く、もっと低金利なキャッシングをしたい!と思う人もいるでしょう。その場合、銀行カードローンよりも低金利のキャッシングを探すことになりますが、インターネットのキャッシング比較サイトを見たとしても、下限金利(最低金利)順のランキングになっていることが多く、実際にキャッシングした場合の金利は書いていません。


そのような人は、三井住友カードゴールドローンへお申込みすることをオススメします。今回は貸金業者でも銀行カードローンより低金利となる、三井住友カードゴールドローンをご紹介します。

【低金利で借りるなら三井住友カードゴールドローンへ!】の続きを読む

テーマ : キャッシング
ジャンル : ファイナンス

イオン銀行カードローンがリニューアル!その審査とそのメリット

イオン銀行カードローン画像

イオン銀行カードローンが、2013年11月より商品内容がリニューアルして登場しました。今までのイオン銀行カードローンは、通常のプランと、ユトリプランに分かれており、通常プランは固定の金利14.8%、最大限度額は50万円となっており、限度額が少ないのがデメリットとも言えました。ユトリプランは、金利5.0%~8.8%、最大限度額は500万円で通常のローンに比べ高限度額、低金利なローンと言えました。


今回の商品リニューアルで通常プランとユトリプランの分け目はなくなり、新たにイオン銀行カードローンとして、金利は3.8%~13.8%、最大限度額は800万円迄可能!と大幅にスペックが良くなり登場となりました。


今回は新商品のイオン銀行カードローンの特長・メリットから審査について説明したいと思います。特に金利については、かなり低いと言えるので、低金利で借りたい人にはおすすめのカードローンです!

【イオン銀行カードローンがリニューアル!その審査とそのメリット】の続きを読む

テーマ : 銀行系カードローン
ジャンル : ファイナンス

バンクイック【コンビニからでも借入可能!】の審査と口コミ評判

三菱UFJ銀行カードローンバンクイックは、CMや広告などで見る機会も多く、カードローンの中でも知名度はトップと言えます。バンクイックがおすすめの理由としては、
1.金利が安い
2.テレビ窓口からその場で※カード発行可能
3.審査スピードが早い!
4..三菱UFJ銀行の口座開設不要
5.提携ATM利用手数料0円で提携コンビニATMからでも借入が可能。
※発行されたカードは、発効日の翌営業日以降、審査の結果により利用可能。


すぐに挙げられるだけでも、7つのおすすめポイントがあるカードローンとなっています。バンクイックに申込みしようとしている人、これから申込するかもしれない人、多くの人が注目しているカードローンのことは間違いがありませんが、実際にバンクイックはどうなのか?審査は厳しいのか?口コミや評判は?いろいろと考えることはあると思います。


今回はバンクイックの審査から口コミ評判まで調べたことを書いていきます。

【バンクイック【コンビニからでも借入可能!】の審査と口コミ評判】の続きを読む

テーマ : 銀行系カードローン
ジャンル : ファイナンス

キャッシングATM手数料無料で借りれるのはどこ?

0円

キャッシングはコンビニや銀行ATMでいつでも借りれるところが大きな魅力ですが、キャッシングする場合、多くのカードではATM利用手数料が取られます。例えば、会社の近くのセブンイレブンのATMからキャッシングした場合、出金の金額によりますが、1万円以下なら108円、1万円超なら216円、そして返済(支払)をした場合にも108円~216円のATM利用手数料が取られる場合が多いのです。


ATM利用手数料は何度も使えば1000円以上になることは珍しくなく、10万円を金利18%で借りたとき、30日間の利息が1,479円であることを考えれば、ATM利用手数料が1,000円以上というのはかなり大きな金額と言えます。


キャッシングはすべてのATMで利用手数料を取られるのでは無く、自社のATMなどは基本的には手数料がかかりません。例えば、アコムならアコムのATMから入金・出金しても当然ATM手数料は0円です。しかし、近くにアコムのATMが無い場合、どうしても最寄りのコンビニや銀行ATMから入出金をしてしまいます。


キャッシング会社は多くの金融機関とATM提携していますので、大手キャッシング会社のカードであれば、ほとんどのATMで利用できますが、提携ATMは原則利用手数料が取られてしまうのです。


今の時代、コンビニには必ず銀行ATMが設置されており、コンビニで気軽に出金・入金ができる面が非常に便利と言えます。キャッシングもコンビニに寄ったついでに返済をする人も多いと思いますが、そのような人はぜひ、提携ATM利用手数料無料のキャッシングから借りることをおすすめします。ATM手数料無料であれば何度入出金しても手数料は0円です!今回はキャッシングATM手数料無料のカードをご案内します。

【キャッシングATM手数料無料で借りれるのはどこ?】の続きを読む

テーマ : キャッシング
ジャンル : ファイナンス

キャッシングおすすめランキング
プロミス

キャッシングおすすめ1位はプロミス!最短30分審査と平日14時までにWEB契約完了すれば即日融資可能!最短で1時間融資もOK!メールアドレスとWEB利用明細の登録で30日間無利息サービスもあり、キャッシングする人の多くに選ばれている人気カードローンです。


SMBCモビット

モビットの特徴はWEB完結によって、電話連絡なし・郵送物なしで借入できることです。キャッシングすると誰かに知られる不安がありますが、モビットなら鉄壁のプライバシー保護にって、誰にも知られずに借りることが可能です!初めての人にはおすすめしたい1枚です。


アコム

今すぐにでも借りたいならアコム!審査スピードは業界最速の最短30分!自動契約機も多数あるので銀行時間外でも最短即日融資が可能!

よく読まれている記事
キャッシング最新記事
キャッシングカテゴリ
キャッシングリンク
月別アーカイブ
運営者情報
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告